魅力No.2062


ガンダム、床屋に立つ!

おいらせ町の国道沿いの床屋にガンダムが居る!!


それが気になった私たちは、そこへ取材をしに行った。ガンダムが居たのは個人経営の床屋さんの庭の一角。店主の鈴木さんに 話を聞くことができた。

鈴木さんは、以前から工作や絵を描くことが好きで、それを活かし、何か大きいものを外で作りたくなったそうだ。何を作っていいか迷っていた時、高校生に『ガンダムが良い。』と言われたのがきっかけで、制作を始めたという。
何と驚く事に、その当時はガンダムについて何も知らなかった鈴木さん。
高校生がガンダムを提案したことで、ガンダムの魅力に引き込まれ、第一号を完成させた。
173cmの記者、長沢と比べても、その倍大きいガンダム!

このインパクトに魅かれてファンが増えていき、そのファンが図鑑や資料集を持ってきてくれて、様々な情報を知ることができた。
それから創作意欲が増し、次々と作品を生み出していった。

1:ガンダム(2005,10~2006,11)
2:ザク(2008,11~2009,5)
3:ジオング(2009,5~2009,11)
4;ガンキャノン(2009,11~2010,5)
5:ホワイトベース(2010,5~2010,11)
6:アッガイ(2010,11~2011,6)
7:キュベレイ(2011,6~2012,4)
8:ズゴック(現在制作中)


鈴木さん曰く、たくさんの種類の中で一番好きなものはないと言う。何故なら、作る時『何を作ろうか』と考え、それで選び抜かれた物がその時一番好きだからだ、そうだ。それを聞いて全ての作品に愛情が込められていて、多くの人に見てもらいたいと考えているのだと感じる。
今では、車の中から写真を撮る人も絶えず、鈴木さんは『いつでも見に来て下さい、撮影は大歓迎です』と嬉しそうに語った。

鈴木さんは現在67歳。元気一杯だが今後、年をとってガンダムを作れなくなっていく事に、少し寂しさを感じている。少年の永遠の憧れである、空想の中での不可能を実現させ続けたい。心の中は少年のまま、元気で楽しそうに語る鈴木さんは、活き活き輝いていた。近くで迫力を感じ、細部まで楽しんではどうでしょう?

ちなみにガンダムカットというのは、特別なものではなく、鈴木さんが切ると、なんでもガンダムカットになるそう。皆さんもガンダムカットに挑戦してみては?

住所 青森県おいらせ町一川目4-6ー30
電話番号 0178-52-3841

青森県上北郡おいらせ町一川目4丁目6−30

コメント一覧

  1. たまたま今日おいらせ町にいます。ナビ検索して見に行きたいと考えてます。

    公慶

    2013.04.23


  2. みっちゃん、ゆうちゃん、みほちゃん
    みんなとても頑張ってくれました。
    とても面白い、みんなのアイディアが詰まった魅力ができました。
    私もとても素敵な三日間を頂きました。
    本当にありがとう!
    この三日間が皆の将来の糧になってくれたら嬉しいです!

    kimuraman

    2012.09.19


  3. 写真綺麗に撮れましたね。文章も温かくて安心しました。
    実習に来てくれてありがとうございました。

    くろしゃちょ

    2012.09.13


  4. みずき ゆうき みほ お疲れさま。
    おもしろい記事が書けたね。

    北上さん お世話になりました。ありがとうございました。

    水木

    2012.09.13


    • 水木先生

      生徒の皆さん、ハードなスケジュールでしたが、諦めることなく最後まで熱心に頑張ってくれました。

      みっくん、ゆうちゃん、みほちゃん、
      素敵な青森の魅力を伝えてくれて、ありがとう!

      皆さんの笑顔と頑張りに、私も沢山の感動を頂きました。
      ありがとうございました。

      北上

      2012.09.13


こちらから魅力にコメントができます。