魅力No.549


堤橋の欄干

 

青森市の堤川をまたぐ橋、堤橋の欄干です。

上の写真は、親柱と言うのかな?

橋って普段は通り過ぎがちですけど、

意外とその土地の特色が出ていますよね。

ねぶたのハネトがデザインされています。

金魚(ねぶた?)のデザイン。堤橋はしょっちゅう通っているのですが、

思ったより凝った造りなのに驚きました。

普段、当たり前に過ごしているとなかなか気付かないものですね。

迫力のあるねぶたの顔。なかなかインパクトありますね~。

年季が入っているので塗装がはがれてきてますが、

造った方々のこだわりを感じます。

 

堤川には、わずか500mの間隔で5本の橋がかかっていて、

河口のほうから、石森橋、青柳橋、旭橋、うとう橋、堤橋と並んでいます。

国道4号線が通っているのが堤橋です。

後の橋はあまり通らないため、

私はよく、どれがどれだったかわからなくなります。

順番は、合っている…はず!!(;・Д・) 

 

他の橋も気になってきたので、通った時に写真に収めてゆこうと思います。

青森県青森市堤町2丁目

コメント一覧

  1. 青森らしい欄干ですね。
    今度弘前とか鶴田の欄干も見てみようかな・・・

    あらら

    2010.10.20


  2. 堤橋はよく通るので、いつも良い橋だな~って通ってました♪
    ちなみに橋のたもとの交番に道を聞いたことを思い出しました(笑)

    コクトー

    2010.10.04


  3. 橋にも凝った造形が結構あるのね。
    近所の橋でも注目してみます。

    さとちゃん

    2010.10.04


さとちゃん にコメントする コメントをキャンセル