魅力No.1104


浪岡アップルサイダー

浪岡アップルサイダーを作っている「PaSaPa(パサパ)青森・地域社会づくり研究会」の塚本艶子(つかもとつやこ)さんにお話をうかがいました。

「じつは浪岡のリンゴは美味しい。あまり知られていないけど…弘前も山の方のリンゴが美味しいと有名だけど、浪岡のリンゴだってすごくおいしい。」
私も浪岡に住んでいるので、塚本さんにそう言われて「そういわれてみればそうかも」と、初めて気付きました。
「数年前にヒョウ害でそのおいしいリンゴを捨ててるのを見て、ほんのちょっと傷がついただけで味は一緒なのに」
という事もあって、アップルサイダーを作ったそうです。

浪岡アップルサイダーとは

アップルサイダーは無ろ過、無添加の100%リンゴ果汁です。
アップルサイダーはアメリカでは「リンゴジュース」の事で、炭酸が入っているわけではありません。
青森と同じ北緯40度にある、ニューヨークの街かどでは冬の風物詩として「ホットアップルサイダー」が販売されてるそうです。
ホットにしたのは、塚本さんの家にホームステイしたニューヨークの方に言われた
「ホットはないの?」がきっかけだそうです。

完熟りんご100% 産地・製法へのこだわり

浪岡で獲れたリンゴを使用し、6種類の品種をブレンドして作られています。
ふじ・王林・ジョナゴールドをベースに、獲れる時期ごとに違った品種をブレンドしています。これは、その時期ごとにりんごの「一番おいしい収穫時期」が違うからです。
浪岡アップルサイダーは「完熟りんご100%」で出来ています。
早生品種が獲れる9月には、限定の早生ブレンドを期間限定で販売し、好評だったそうです。
また、製法にもこだわっています。
弘前の山の中にある、特許を取った特別な製法でジュース加工をしている工場で作られています。
「完熟りんごそのまま」「ジュースというよりリンゴ」
もぎたてのリンゴをかじったあの時のように、口の中に広がる清々しさを感じます。

手前が自宅用の1000ml入り。奥が贈答用にぴったりのワイン瓶タイプ720ml入り。
1050円で販売されています。
ちなみにこのオシャレなパッケージは塚本さんの娘さんが描いたものです。なんでもニュージーランドでアートを学んだとか。

おいしい飲み方

そのまま飲んでもおいしい、こだわりの浪岡アップルサイダーですが、ちょっとしたひと手間で、いろいろな味を楽しめます。

ホットアップルサイダー

~手鍋でコトコト~
手鍋にアップルサイダーを入れ、弱火で温めます。
沸騰したらカップに注ぎます。
~電子レンジで~
カップに入れて2分程度加熱します。忙しい朝などに。
※塚本さんいわく「沸騰させるのがポイント」だそうです。

クリームホットアップルサイダー(雪の妖精)

温めたアップルサイダーにホイップクリームを浮かべます。

アップルサイダーオンザロック

氷を入れたグラスに冷やしたアップルサイダーを注ぎます。
お好みでレモンスライスを添えます。夏にぴったりの飲み方です。

浪岡ホットアップルサイダーがいただける喫茶スペース

ホットアップルサイダーは、道の駅「なみおか」アップルヒルの「ふれあい交流館」でいただくことができます。
こちらでは手鍋で温めた「浪岡アップルサイダー」を提供しています。

テーブルに運ばれると、まずりんごの香りが広がります。
ホイップクリームが付いて280円でした。
まずはそのままいただきます。
ホットアップルサイダーは体の芯まで温かくなります。
体の隅々までしみわたるような、リンゴに包まれるような、とにかくリンゴでいっぱいになる感覚です。


半分ほどいただいたところで、ホイップクリームを浮かべて「雪の妖精」に。
香りは失われず、少しトロっとした感じになります。

「浪岡ブランド」で地域活性に貢献

「浪岡という場所をいかに浮かび上がらせる、スポットを当てるか。少しずつでも地域活性に貢献したい」
と語る塚本さん。
誰もが「ああ、あの浪岡。あれが有名よね」というように、「浪岡」をメジャーにしたいという想いで活動されています。

多数メディアで紹介

「朝ズバ!のアナウンサーの人が飲みに来たんですよ。」
そしてスタジオではみのさんが飲んだそうです。
はなまるマーケットの取材も来たそうで、関心の高さをうかがえます。
(※2010/12/9の段階では放送日は未定)
そのほか、新聞やテレビなどで多数取り上げられています。

メディアで話題沸騰の浪岡アップルサイダーをぜひみなさんも飲んでみてください。

【関連リンク】
公式ホームページ:青森・浪岡ホットアップルサイダー
販売店や催事での提供情報、メディア紹介など新着情報はこちら

財団法人 むつ小川原地域・産業振興財団
事業内容や、塚本さんからのメッセージが動画で紹介されています。

道の駅「なみおか」アップルヒル
この記事で紹介しているホットアップルサイダーを提供している喫茶スペースがある道の駅です。
浪岡アップルサイダーの瓶売りや、浪岡産リンゴの直売も行っています。
【アップルヒルの地図】

青森県青森市浪岡女鹿沢野尻2−3

こちらから魅力にコメントができます。