魅力No.84


マンホールシリーズ@鶴田町

鶴田町の富士見湖に、「鶴の舞橋」という橋がかかっています。
全長300mのこの橋は、三連太鼓橋では日本一長い木橋です。

上の写真が、鶴の舞橋がデザインされた、鶴田町のマンホールです。
駅前の歩道には、カラーバージョンもあります。

下の写真は、鶴の舞橋を渡ったところから撮影した写真です。
橋の材料に、青森県産の「ひば」1等材が使われているので、
橋を歩いているとひば独特の香りがただよってきます。
右手に舞橋、そして正面に岩木山が見えます。

<あなたのマイ箸にどうぞ>
道の駅「鶴の里あるじゃ」で、鶴の舞橋の材料を再生して製造した箸、
その名も「鶴の舞箸」が販売されています。

こちらから魅力にコメントができます。