魅力No.327


ギャップ

森林において、林床まで光が差し込む隙間のことを「ギャップ」と呼びます。

通常、森林の林床は背の高い樹木の枝葉によって暗くなっていて樹木が育つ環境ではありません。しかし、寿命や自然災害などで木が倒れそこに光が当たると新しい樹木が生長し、もとの森林の姿に戻ると考えられています。この考え方を「ギャップダイナミクス」と呼びます。

ギャップがある場所はとにかく綺麗です。倒木なんて家に飾りたくなるほど素敵です。私のお勧めギャップスポットは、奥入瀬渓流の近くにある「赤沼」と「蔦の森」という場所です。是非一度いらしてください。

コメント一覧

  1. 森林の輪廻…自然の奥深さを感じます
    人間が手を加えないほうが、自然はうまくいってるんだなってそんな気持ちになりました。
    これから、倒れてる老木を見たら、あ、命を受け継いだんだな~って思えますね

    kayo

    2010.09.09


  2. もはやなっつ自身がギャップダイナミクス。

    さとちゃん

    2010.09.09


  3. ギャップダイナミクス初めて聞きました☆
    私もお気に入りギャップスポット見つけられればと思います♪

    コクトー

    2010.09.09


  4. 夏目ー!!
    最後と最後から2番目の写真が素晴らしい!
    ギャップについても伝わってきました。

    くろしゃちょ

    2010.09.09


こちらから魅力にコメントができます。