魅力No.744


津軽藩藩祖 津軽為信公のおな~りぃ~ ~弘前市~

津軽為信1

こちらの方は、津軽藩藩祖津軽為信公でございまする。
戦国武将らしく凛々しい御姿は、権謀術数・智謀の甲冑姿で登場でございまする。
この方が居なければ、江戸時代の津軽藩、明治の初期の弘前藩も存在しないのでございまする。
つまり、現在の弘前市の母体を約400年前作った御方でございまする。

津軽為信2

元は南部氏家中として大浦為信と名乗っておいでございました。津軽地方へ出仕していたおり元亀2年(1571年)5月(天正9年(1581年)説もある)南部家一族の石川高信の守る石川城を突如として電撃攻略し、津軽地方一円に勢力を築き一代で大名になったお方でございまする
天運と時勢を見通す、慧眼の持ち主にございまする。

津軽為信3

天正18年(1590年)に豊臣秀吉に謁見して本領安堵された際、津軽為信と改名いたしておりまする。
武功だけではなく、時の権力者との折衝・外交にも力を発揮いたした御方にございまする。

津軽為信4

長らく戦国時代の下剋上の人と思われてきましたが、当時の南部氏は豪族の連合体であり三戸南部が他の南部緒家と主従関係にあったことはなく、大浦氏も、三戸氏や他豪族と同じく南部氏の一族であったことから、為信公の下剋上も実際は戦国時代でよくあった同族同士の争いに過ぎないそうにございまする。
決して、決して私欲から南部氏を下剋上いたした訳ではないに違いまする。
私の心得違いにございまする。

土下座

へへぇ~、アッシなんかは一足軽でございまする~。お館さぁまぁ~

津軽藩藩祖 津軽為信公のおわす所はこちら、

青森県弘前市大字下白銀町19−4

コメント一覧

  1. 効果音うけた~~
    為信像凛々しさがでてますよね!

    ゆ~みん

    2010.10.29


    • 凛々しいよね、ドラマもあるんだけどね…
      実力もあると思うんですけど、評価が北国なんです。
      まあ、京都まで60日近くもかかる田舎だからね~

      BANBA

      2010.10.29


  2. おぉ〜さらっと見過ごしがちな銅像をここまで面白く魅力にできるとは・・・!八戸にある、八戸藩初代藩主・南部直房像と比べると、津軽為信像は、力強くて凛々しい感じがします。

    ぽんた

    2010.10.29


    • 銅像はなかなか良いですよ~
      写真に撮っても、一歩間違うと真っ黒クロすけなんです。
      肌光すぎ!!

      BANBA

      2010.10.29


  3. 最後の写真がいいですね☆
    さすが!
    ただじゃ終わらないところが。

    あきちゃん

    2010.10.29


    • コメントありがとうございます。
      普通に終わりたいんですけど、一緒にいく人が
      せき立てるんですよ~なんかやってて…

      BANBA

      2010.10.29


  4. 最後の写真素敵です~www
    その根性に脱帽です♪

    コクトー

    2010.10.28


    • 土下座は根性でするものではありません。
      ただの危険回避です。

      BANBA

      2010.10.29


  5. 写真撮った後のバンバさんの笑顔が目に浮かびます。

    くろしゃちょ

    2010.10.28


    • そんなに笑ってないですよ~
      うすら笑いです。

      BANBA

      2010.10.29


  6. 交通量の多いあの場所でこのパフォーマンス。
    あっぱれな謁見でございまする。

    さとちゃん

    2010.10.28


    • 朝謁見の用意してなかったので
      ビビりました。あ~なると交通量は関係ありません。
      あれ以上は土下寝しかありません。

      BANBA

      2010.10.29


  7. 「~まする」が気になって・・・
    一か所だけ「~ました」は意図的?

    かっちん

    2010.10.28


    • あまりまする、まする言ってると
      頭に残りそうで…

      BANBA

      2010.10.29


  8. 最後の写真がイイですね^^

    あらら

    2010.10.27


    • jibunndetottakuseni!!

      BANBA

      2010.10.29


こちらから魅力にコメントができます。