魅力No.1170


弘前エレクトリカルファンタジー「弘前市役所前庭・追手門広場」イルミネーション編 ~弘前市~

市役所前庭1

2010年12月15日『弘前エレクトリカルファンタジー』で、弘前市内の文化財など17施設のライトアップがされている弘前市街を訪れたので、そちらをレポートいたします。
『弘前エレクトリカルファンタジー』とは12/1(水)~2/28(月)まで、弘前市内をイルミネーションや文化財施設のライトアップで彩り、ロマンチック空間を演出するイベントです。

今回訪れたのは、「弘前市役所前庭・追手門広場」です。

市役所前庭2

写真は弘前市役所前庭です。いや本当に、光だらけですね~
毎日、夕方にはこの光景を見られるとは、弘前市役所職員の方々がうらやましいですね。

『弘前エレクトリカルファンタジー』とは

追手門の通り1

平成3年(1991年)の台風19号による被害で、暗く落ち込んだ弘前市の雰囲気を明るくしようと、市役所職員の有志と弘前観光コンベンション協会が募金を募り、追手門広場の木々と市役所前庭のケヤキにイルミネーションの光を灯したのが始まりです。
今年で、20回目を数えます。弘前市民には、冬の風物詩として定着しています。

イルミネーション1

奥の建物が、弘前市役所です。イルミネーションに囲まれております。
綺麗すぎる装飾、この季節の「弘前市役所」の特徴です。デートスポットが、市役所なんです。

クリスマスツリーと広場1

奥の建物は「弘前市立観光館」です。

弘前市役所のお向かいにあります。
弘前ねぷたが飾られ、津軽塗の展示もされており、お土産コーナーも充実しています。
郷土料理も食べられ、市内宿泊施設の空室情報も入手できます。
旅の始めに、是非立ち寄っていただきたい便利スポットです。

見学時間 9:00~18:00(四大まつり期間中は延長あり)
休館日 年末年始
入館料 無料

冬の季節は、大きな木がイルミネーション装飾をされているので、是非訪れていただきたいです。

旧弘前図書館

こちらは「旧弘前市立図書館」です

明治39年3月に名匠 堀江佐吉らが東奥義塾高校の敷地内に建造されました。
八角形の双塔を持つルネッサンス様式で、外壁はしっくい塗り仕上げです。
昭和6年まで、弘前市立図書館でしたが図書館の移転に伴い、それ以降は富野町に移築されて下宿や喫茶店に利用されていました。
平成2年7月に市制施行百周年の記念施設として、現在地に修復・復元されました。
平成5年には青森県重宝に指定されています。
「弘前市立観光館」となりにある、明治・大正時代の趣きを今に伝える建物です。

駐車場あり
入場料/無料 見学時間/館内9:00~16:30/撮影自由
休館日/12月29日~1月9日

追手門の通り2

安心!!の長靴無料貸出しもあります

『弘前エレクトリカルファンタジー』中は、弘前市立観光館他の市内3ケ所施設にて、観光客を対象に便利な長靴の無料貸出しています。
弘前市街を歩き回って、ライトアップした施設を是非ご覧ください。

利用期間 平成22年12月1日~(冬期間)
貸出場所・時間
弘前市立観光館(弘前公園追手門向かい)0172-37-5501
9:00~17:00(返却は~18:00)
弘前市観光案内所(JR弘前駅構内)0172-26-3600
8:45~17:00(返却は~18:00)
まちなか情報センター(土手町商店街)0172-31-5160
9:00~20:00(返却は~21:00)

【お問合せ】
弘前市立観光館 0172-37-5501
※事前予約はないそうです。

「弘前市役所前庭・追手門広場」等の位置はこちら、

青森県弘前市下白銀町2−1

◇◆関連記事◆◇

弘前エレクトリカルファンタジー「市民中央広場・青森銀行記念館」イルミネーション編 ~弘前市~
弘前エレクトリカルファンタジー「カトリック弘前教会」イルミネーション編 ~弘前市
弘前エレクトリカルファンタジー「駅前町歩行者道路」イルミネーション編 ~弘前市

あららさんの記事

弘前城 冬のイルミネーション!?~弘前エレクトリカルファンタジー~
弘前教会のイルミネーション~弘前エレクトリカルファンタジー~
弘前昇天教会~弘前エレクトリカルファンタジー~

『弘前エレクトリカルファンタジー』の情報は
社団法人弘前観光コンベンション協会様の「弘前感交劇場」サイトでご覧になれます
http://www.hirosaki.co.jp/index.html

こちらから魅力にコメントができます。