魅力No.1863


復興祈願「青森四大夏祭り」⑤弘前ねぷた「なぬか日スペシャル」

≫前回」、④「青森ねぶた祭り」からのつづき

今年の「弘前ねぷた」については、初投稿で7月29日の特別運行をご紹介させていただきましたが、8月7日の「なぬか日」にも例年と違うイベントが用意されていました。

ねぷたを燃やす…その名も「なぬか日スペシャル」です。

弘前城築城400年、そして「東日本大震災」の犠牲者を弔うために行われた「かつてない試み」をひと目見ようと多くの人々が集まりました。

場所は茜橋近くの岩木川河川敷で、毎年6月に開催されている「古都ひろさき花火の集い」の会場にもなっているところです。

実は、この場所で私が「青森魅力特派員」をさせていただくきっかけとなった出来事がありました。

akkyさんとの運命的な再会です。今回の主役である扇ねぷたたちの前で1枚撮らせていただきました。

せっかく一緒になったので、撮影の役割分担(akkyさん=りんご娘、私=ねぷた)をしつつ各自のスタイルで撮影に興じました。

弘前ねぷたの歴史に刻まれる「新たな一ページ」を見届けようと集結したねぷた達。

本イベントにかける情熱が感じられた葛西市長の挨拶。築城400年キャラクターとして大人気の「たか丸くん(右端)」も神妙な面持ちです…。

同じく神妙な面持ちで出番を待つ扇ねぷたと弘前城ねぷた。「心配しなくても大丈夫」とお岩木山(おいわきやま)が見守っていました。

めきめきと知名度を上げてきているご当地アイドル「りんご娘」達のライブ。途中から「たか丸くん」も加わり、大いに盛り上がっていました。

ステージが終わり、ねぷたに火が放たれるクライマックスが刻一刻と近づいてきます。

松明を持つ市長ら関係者。かたずを飲んで見守る人々。

様々な想いが込められた火が放たれ、みるみる炎につつまれていくねぷた…

お囃子が鳴り響く中、見送りの舞いを魅せてくれたねぷた達。圧巻の光景です。

余韻にひたりながら帰途につく観客たち。弘前の短い夏を締めくくる素晴らしいイベントでした。


もの憂げに 夜空を焦がす ねぷたたち
それを見守る 津軽富士かな

青森県弘前市

(撮影した場所)

≫次回、⑥最終回!「五所川原立佞武多」につづく

【更新情報】

2011/09/29
シリーズ⑥へのリンクを追加。
〆の一句を変更

コメント一覧

  1. 燃えるねぷた…感慨深い光景ですね。
    なんだかじ~んと来てしまいました。

    zoom

    2011.09.15


    • zoomさま

      ねぷたを燃やすことには賛否両論があったと思いますが
      大震災を経験した今年だからこそ
      「諸行無常」や「有り難さ」を実感できる
      素晴らしいイベントだったと思います。

      たがまぁ

      2011.09.19


こちらから魅力にコメントができます。