魅力No.1918


弘前城がアートに変身!デジタル掛軸ライブ「天空に描く鎮魂と未来」

築城400年を迎えた弘前城で、またしても新たなイベントが催されています。

デジタル掛軸(D-K)ライブ「天空に描く鎮魂と未来」

D-K は、世界的な映像アーティストである長谷川章氏が創作した、
人間という生物のリズムを取り戻す全く新しい芸術である。

一見静止画に見えるが天空の太陽や月と同じスピードでゆっくりと除除に移ろう。
そして、いつのまにか全く違う「一期一会」の色彩と形を見せてくれる。

D-K は、見るものを「空」にし、時間と空間の束縛からあなたを解放していく。
そして、始まりと終わりがない「色即是空」の永遠の世界をつくりだす。

(弘前観光コンベンション協会HPより・一部割愛)

(※掲載上の演出です)

早いもので、昨年大晦日の「築城400年カウントダウン」から1年近くが経ちました。

(2011年元旦撮影)

加齢とともに月日の流れの早さを感じる今日この頃

「アレって、去年だよね?」

「ソレって、一昨年だよ…」

近頃そんな会話が増えてきたガラスのアラフォー世代が
「弘前城・千変万化」の一端をご紹介いたします。
(撮影日:2011年11月11日)

刻々と展開されていくデジタル絵巻は圧巻です。

来年以降も続投を表明した人気キャラクター「たか丸くん」

アートを演出する投光機までもがアート。

 同じように見える風景、同じことの繰り返しに感じる日常
しかし、一つとして同じものはない
だから一瞬一瞬を大切に生きよう。

デジタル掛軸は、そんな「一期一会」の心を表しているのかも知れません。 

「 東日本大震災」で、当たり前の日常が
当たり前ではない「有り難いもの」と痛感した今だからこそ
つまずいても腐らず、前に向かっていこう

そんな気がしました。

本日が最終日です!

ご覧になっていない方はお見逃しなく…

いにしえの お城に描く 現代アート
共につなごう 豊かな未来

青森県弘前市大字下白銀町1-1
 (撮影した場所)

 

実は…撮影にかこつけて飲食を楽しむのが私の悪いクセでして(笑)

一路、津軽弘前屋台村「かだれ横丁」へ

安くて美味い店が軒を連ねる魅力的なスポットです。

やっぱり肉だよね!メンタルにもいいらしいですよ。しかも安いんです!

なんでも、つい先ほどまで、弘前市の葛西市長と
大学生らが語らう会合が催されていたとか!

しまった!もう少し早く来れば、大学生のフリをして紛れ込み
市長と握手ができたかもしれないのに

と…年齢的に無理がある妄想なぞしつつ

「ありがとう、市長!頑張って納税するよ(お酒飲んで)」

ほろ酔い加減で帰途につきました。

青森県弘前市百石町2−1
(飲食した場所)

 

コメント一覧

  1. robinさん
    デジタル掛軸は期間が短かったので
    robinさんのように行けなかった方が多いかも知れませんね。
    ほんの僅かですが、雰囲気が伝えられて良かったです!
    なお、サンダーバードは店長のキャラクターも好きです(笑)

    たがまぁ

    2011.11.18


  2. デジタル掛け軸行こうとした日にお腹を壊しいけなかった私です。。
    投稿ありがとうございます!!
    こんなかんじだったのか~
    すごくよかったと、行った人から聞きました★

    そしてサンダーバードのお肉は絶品ですよね♪だいすきです♪
    かだれ最高!

    robin

    2011.11.17


こちらから魅力にコメントができます。