魅力No.1934


弘前城にオーロラと大輪の花火!「築城400年エンディングセレモニー」

 

けましておめでとうございます
今年もよろしくお願いいたします

私、たがまぁによる平成24年最初の投稿は
昨年の「弘前城築城400年祭エンディングセレモニー」です。

平成23年から始まった「弘前城築城400年祭」が
ついにフィナーレを迎えました。 

2011年のクリスマスイブを目前にひかえた平成23年12月23日

大粒の雪が断続的に降り続く、あいにくの天候にもかかわらず
多くの方々が集まっていました。

早くも品切れ?の振る舞い、そして屋台と大盛況です。

 ステージ前には、早くから多くの観客の方々が集まっていました。

撮影スポットとして有名は下条橋には、カメラマンさん達が。

闇夜に浮かぶ雪化粧の天守閣をパチリ。

今回の目玉は、青森県初のレーザー光線による「オーロラ」ファンタジー

初代弘前藩主・津軽為信の姓が「大浦」だけに?
否が応でも期待が高まります(寒)

 そうした中、登場したのは…

「あ!たか丸くんだ!」

弘前城築城400年キャラクター「たか丸くん」です

子どもたちにもみくちゃにされ、弘前城天守閣より人が集まっているのでは?
という大人気ぶりを自ら証明していました。

その一方、ステージでは…

 弘前市出身の歌手・高瀬まみさんがボーカルのユニット
「JINK STYLE」さんのライブ

 東奥義塾高等学校グリークラブの皆さんによる合唱

弘前大学スティールパン部の皆さんによる演奏

 弘前市立小沢小学校合唱部の皆さんによる合唱
寒空の下、懸命な歌と演奏によって、会場が暖かい雰囲気に包まれていました。

ちなみに、皆さん手袋をはいていらっしゃるので
拍手が「パチパチ」ではなく「パフパフ」になっていました(微笑) 

 相変わらず容赦ない雪が降りしきる中
セレモニーのクライマックスが刻一刻と近づいていきます。

ライブの余韻覚めやらぬ ステージでは

 弘前城築城400年祭エンディングセレモニーの歌
「未来へつなぐ」を会場の皆で歌う練習が始まっていました。

会場のココロがひとつにつながっていきます。

 グランドフィナーレを前に下条橋周辺に集まった観客の皆さん

 ほとばしり 闇夜を切り裂く レーザー光線!

 青森県初!しかも、お城とのコラボは全国初!?となる
オーロラの演出に会場は大興奮です。

 

 そして、続いては、お待ちかねの…

 天守閣をバックに打ち上げられた花火!

 大輪の 真紅に染まる 天守閣

 「未来へつなぐ」の大合唱が鳴り響く中
 天守閣をバックに見事な大輪の華が咲き誇りました。

築城400年祭の立役者・弘前市の葛西市長。
(残念ながら私の不手際により写真は撮れず…)

最後の挨拶では、築城400年や震災復興について熱く語り

築城400年キャラクターの「たか丸くん」に対して
弘前市マスコットキャラクターとして「続投」の昇任辞令を授与しました。

私、もはや感涙の鼻水か寒さの鼻水なのか分からない状況です。

セレモニーが終了して
優しげなレーザー光線と 「未来をつなぐ」が鳴り響く中、帰途につく皆さん。

「いい歌゛(うだ)だなあ」

と、誰かがつぶやいた声が、とても印象的でした。

「オーロラと 華火が彩る 400年
熱き想いが 未来を築く」

青森県弘前市大字下白銀町1-1

(撮影場所)

撮影の後は、自分へのご褒美の一杯(笑)

 「撮影で 冷えた体を 温(ぬく)だめる」のでありました。

いつもこんな感じで申し訳ありません。

お粗末ッ!!

 

こちらから魅力にコメントができます。