魅力No.1988


おいらせ町譚

僕の出身でもありますおいらせ町は、旧百石エリアで町民に愛され続けるアノ会社。  そう、「イッツォーライ!!も~も~か~わ~」 と 「良い酒は 朝が知っている」のパンチラインは皆さんも耳に覚えがある事でしょう さっ、登場願いましょう!!!

も一つおまけに、ほいっ

さぁ、上記からもおわかりかと思いますが、今回アポなしで桃川さんに見学に行ってみました。アポも取らない、パッと見ただのB‐BOYに至極丁寧な対応をして頂きまして本当にありがたかったです! 営業部の中村課長さんが色々案内してくれました!!(忙しいのにすいません、、)

ザクっとなんですが行ってみましょう!! いきなりデッカいのは本社入口の杉玉です!これがすべて茶色になった頃がシーズン初めに仕込んだ新酒の飲みごろだとか、、、楽しみですね~

⇊は本社入口わきにあり会社を守る祠。雰囲気ありますね~。  僕がまだ少年だった頃、桃川の地下にはカッパが居て奥入瀬川の水を酒に変えてるというエキセントリックな噂があったものです。。懐かしいなぁ。

一応中村さんに確認したところ、カッパは現在酒造りに従事していないとのお答えを頂きました!そんな質問する僕に笑顔で答えてくれるあたり、素敵です。続きまして本社すぐ隣の資料館へ!!

資料館の建物自体が歴史的資料です!! なんと明治6年建設です、言わば伝説ですね。

ここからは中の写真を何枚かどうぞ

上の写真は、昔ながらの酒造の過程をミニチュアで再現したものです。一番購入希望者が多い展示品だそうですが、勿論非売品です!!

⇊でた~ 職人コーデ!! 前掛けも僕の持ってるカジュアルラインとは若干違って、全体から本気が伝わってくる装備品です。マジかっけぇー

そして、見よ!!! シャンパンタワー?? ここじゃこのスタイルがクラシックだぜ。日本酒ビルヂング!!! う、上から順に呑みたいね? うん!

こうなってくると、勿論あの大物も黙っちゃいません。(館内の柱で発見)

いや~、フイに入ったのに楽しめちゃいました!!恐るべし桃川 帰り際に中村さんから「車でなければ試飲どうですか?」と、ま、まままままままマジですか???? ヤバい、何この御褒美、超やべぇーじゃん俺!

でもまぁ、日頃の行いって大事ですよね? 誰も付いてきて来てくれなかったのでしっかり車でした。

あまりイメージないかもですが、桃川さんは広く見学受け入れ等をしてるんですね~。現行の製品の他、これまでの歴史を振り返れるので、年齢問わず楽しめるかもです!僕も次はドライバー持参でリベンジです! では

こちらから魅力にコメントができます。