魅力No.2015


「よさこい津軽」体験記・その1


はじめに

弘前市では毎年6月に『よさこい津軽』というイベントが行なわれています。「さくらまつり」と「ねぷたまつり」の間の“初夏の弘前の祭り”として、市民にはすっかりおなじみの祭りになりました。
しかし…『青森の魅力』には、よさこいの事がほとんど載っていないではないか!この『よさこい津軽』こそ、伝えるべき『青森の魅力』だ!と心底から思い、今年は、このよさこいを取材する事に決めました。
魅力特派員のうち、私・すきとおると、たがまぁさんがペアを組み「当日、一緒に写真を撮りましょう」と話し合い、現場へと臨みました。私もたがまぁさんも、よさこいとか踊りとかの事は、全然わかりません。お互い「自分の思うがままにシャッターを切っていた」という感じです。その「取材日記」を「体験記」として紹介します。

取材日は、2012年6月24日・日曜日。天気は曇り。ほんの少し雨も降りました。
今年の祭りには昨年より2チーム多い、30チームが参加。沿道は10万人もの観衆で賑わったそうです。

この後すきとおるは、3回に分けて記事を書いていきます。
そして、たがまぁさんも、当日の様子を記事に書く予定です。
カメラのレンズを通し、それぞれの目でとらえた『よさこい』を、ご覧ください!

みなぎる力!~学生チームをピックアップ

今回の取材を通して、若さ溢れる、とってもエネルギッシュな学生さんの踊りに圧倒されました。今回は、その中から2つのチームを、個人的な感想を交えて紹介します!

■10年連続出場!~弘前厚生学院

ひろさきこうせいがくいん 同学院の新入生のみで構成された総勢50名の大所帯です。

gakuin1
後ろ姿だけでも、意気込みを感じます…

gakuin2

gakuin3

gakuin4

gakuin5
女子ばかりではなく、男子もしっかり頑張っています!!

gakuin6
50名の総踊りと「厚生」「愛 奉仕」の旗で『厚生魂』をアピール。

gakuin7
最後は、2つのタワー(リフトアップ)で決めてくれました!!

地元では「ヒロガクのよさこい」として有名な、厚生学院のよさこい。50人がシンクロする踊りには驚きと同時に感動しました。今後もいろんな場所で「ヒロガクのよさこい」が見られることを楽しみにしたいと思います。

■若きパワーに圧倒!~北里三源色

きたさとさんげんしょく 十和田市から参加。北里大学獣医学部の学生チームです。

kitasato1

kitasato2

kitasato3
踊りはエネルギッシュ!若さみなぎる演舞に、お客さんは圧倒!

kitasato4
笑顔の演舞につられて、お客さんも笑顔に!

kitasato5
後半では肌をさらして…

kitasato6
法被(ハッピ)をいっせいに空に向かって舞い上げた!!

kitasato7
そして、最後のキメッ!!大きな拍手と歓声があがりました。

とにかくエネルギッシュで常に笑顔の「三源色」でした。学生らしい斬新な発想もなかなか良かったです。特に法被を舞い上げたあの瞬間は、圧巻でした!何度でも見たい!と思えた演舞でした。

今回はここまでとなります。
(「よさこい津軽」体験記・その2へつづく)

コメント一覧

  1. 表情豊かで躍動感あふれる素晴らしい写真ですね!
    実はよさこいを生で見たことがまだありません。
    でもこんなに楽しそうに踊っている姿を見たらとても興味が湧きました!
    はっぴが空を舞う写真で鳥肌立ちました!
    よさこい、ぜひ生で見てみたいです!

    zoom

    2012.09.20


    • >zoom さま
      お褒めの言葉をいただき、嬉しい限りです。
      よさこいのように動きのあるものは、静止画で撮るのは難しく、
      それをどう伝えたら良いか、いつも悩むのです。
      でも、今回は感動の瞬間をしっかりと撮ることが出来ました!
      これは、まさにキセキ(奇跡)です!
      ぜひ一度、生のよさこいを見てください!
      (ちなみに9月30日には十和田市で
      「とわだYosakoi夢まつり」が行なわれます)

      すきとおる

      2012.09.20


こちらから魅力にコメントができます。