魅力No.2045


大森勝山遺跡

世界遺産の卵

2012/8/30

夕御飯をパクパク食べていると県内のニュースが耳に飛び込んできました。

なにやら北海道と北東北に点在する縄文遺跡群をまとめて世界遺産にする動きがあるようで。
既に構成されている15の遺跡の仲間に新しく加わったようです。

そもそもそんな遺跡があったことをこの瞬間まで知らなかった私。
次の日早速行ってきました。

車一台分の幅の道をくねくね行く。
突き当たりにこの手の場所で必ずお目見えする案内板発見。

おお~!遺跡遺跡^m^
マチュピチュまで行かなくても雰囲気味わえるじゃ~ん。

この時点ではまだ有頂天。

矢印の方向へ向かったもののそれらしい道はない。

しかしここまでの道中、看板があった。案内板もあった。矢印も。

遭難に怯えつつそのまま直進。

こ、これは!!明らかに人工的な階段!

この辺りでテンションMAX。絶頂であります。

さあ。その姿を見せてごらん。

なんてこったい草ボーボー。
痕跡はどこにもありません。大きく円を描く様に棒が刺さっているだけ。

偶然鉢合わせになったご夫婦も腰に手をやり困惑顔。

最初の案内板を食い入るように見てみる。

平成19年…

5年でこんなに様変わりするとは。

ともあれ、報道によると2015年に世界遺産登録を目指すそうなので、これから整備されていくと予想されます。動向に注目しましょう!

青森県弘前市大森勝山

こちらから魅力にコメントができます。