魅力No.2103


子どもたちだけの舞台~DREAMERの挑戦

10月20・21日の2日間、弘前市上瓦ヶ町のスペースデネガで、次世代パフォーマー「DREAMER」の舞台公演『The Little Match Girl~13人の主人公』が行なわれました。

dreamer-02

今回の舞台に先立ち、今年6月に「ひろさき芸術舞踊実行委員会」が発足しました。この委員会の代表は、弘前市でダンス教室を経営し、自らもダンサーとして活動する岩渕伸雄さんです。
公演を行なうために、出演者の子どもたちを募集。8月にオーディションが行なわれました。40人以上の応募者の中から最終的に13人が選ばれ、そこから「DREAMER」の1期生としての活動が始まりました。
公演までの約2か月間、13人の子どもたちは、厳しいレッスンを重ね、何度も練習し、
何度も汗を流し、何度も先生方に怒られながら、本番へと臨んだそうです。

では、舞台について紹介します。
(本記事中の写真は、10月21日の昼の部にて撮影したものです。)

dreamer-03
『The Little Match Girl』は、誰もが一度は耳にした事がある、アンデルセンの童話「マッチ売りの少女」をベースにしたオリジナル・ストーリーです。

dreamer-04

dreamer-05

dreamer-06

舞台といっても、セリフは一切ありません。ナレーション(語り)と、ダンスパフォーマンス(踊り)のみで、ストーリーを展開していきました。
演技は、顔の表情とカラダ全体のしぐさのみで表現。これは、セリフのある演劇よりも難しい表現方法です。

dreamer-07

dreamer-08

dreamer-09

しかし子どもたちは、舞台の上で難なくそれらをやってのけました。
観客は皆、その演技に挑む子どもたちの真剣な表情に胸を打たれ、ダンスパフォーマンスのレベルの高さに圧倒されていました。

dreamer-10

dreamer-11

dreamer-12

dreamer-13

dreamer-14

dreamer-15

dreamer-16

80分間ノンストップの舞台は、あっという間にエンディングへ…

DREAMERの全員が、舞台から客席に向けてご挨拶。
子どもたち ひとりひとりの顔が、輝いていました。
dreamer-17

dreamer-18

エンディングは、岩渕代表の御挨拶。
「お忙しい中、足をお運びいただきありがとうございます。この舞台のダンスは、すべて子どもたちだけで考えたものです。我々大人は、ほとんど振り付けはしておりません。」
「子どもたちは、きょう、この舞台のために一生懸命頑張ってきました!なので、大きな拍手をお願いします!」
満席の会場からは、割れんばかりの拍手が巻き起こりました。

出口では、DREAMERの全員がお客さんを笑顔でお見送り。
アットホームな雰囲気を感じました。

最後に、舞台をバックに写真を撮らせていただきました。
dreamer-19
「DREAMER」13人全員集合! 子どもたちの表情が、活き活きとしていました。

「DREAMER」に関することは、是非、ホームページ↓をご覧ください。
「ひろさき芸術舞踊実行委員会」のホームページ

今後、同委員会では、来年以降も年1回の舞台公演を予定しているそうです。
少し時間は空いてしまいそうですが、次の展開にも期待したいと思います。

本当に質の高い、素晴らしい舞台でした!
今回、取材に応じてくださった関係各位に、この場を借りて感謝の意を表します。

コメント一覧

  1. 私の学年にチームのメンバーの一人がいます。彼女のダンスを見たことがあるのですが、やはりすごいです。チームをこれからも応援し続けたいと思います。

    らんにょこ。

    2012.12.14


    • >らんにょこさん。
      メンバーのお知り合いの方との事。
      舞台のほうは観ていただけたでしょうか。
      来月(1月)の再演が、正式に決まったそうです!
      できれば、また取材に伺いたいと思います。
      記事を読んでくださり、コメントもいただきまして、
      本当にありがとうございました。

      すきとおる

      2012.12.18


  2. メンバーが私の友達なのでみれて良かったです。

    長尾万宙ドラゴンズ

    2012.11.10


    • >長尾万宙ドラゴンズさん。
      読んでいただきまして、ありがとうございます。
      お友達が出演していたとの事。いかがでしたか。
      これからも「DREAMER」の活躍に期待大ですね!

      すきとおる

      2012.11.13


  3. 残念ながら観ることができなかったので、写真満載の記事が観られて嬉しいです!ナレーションの方が知り合いなので、その辺は想像して(笑)観た気分になってました。

    子どもたちの「舞台にかけるひたむきさ」と、すきとおるさんの「青森の魅力を発信するひたむきさ」が伝わってくる記事でした。次の題材は何なのか楽しみです!

    追伸:デネガでの撮影、私も経験ありますが暗くて大変ですよね…

    たがまぁ

    2012.11.07


    • >たがまぁさん。
      コメントありがとうございます。
      写真を見て、少しでもこの舞台の魅力を感じていただけたら
      嬉しいです。
      撮影はけっこう苦労しましたが、長年の経験を駆使しました。
      DREAMERのみんな、本当に「ひたむき」でしたよ。
      今回のこの経験は、あらゆる面でプラスになると思います。
      さらなる展開に期待したいと思います。

      すきとおる

      2012.11.07


こちらから魅力にコメントができます。