魅力No.970


デザイナーさんの想いを伝えるのが役割@シルフ

「Sylph(シルフ)」は「風の妖精」の意味。
店舗がある青森市の浪打銀座は周辺に学校が多く、夕方には学生や主婦の買い物客で賑わいます。シャッター商店街が多い昨今、元気な商店街の1つと言えると思います。

妖精のようにキュートな笑顔のオーナー、尾崎和子さんが選んだ作家ものがメインのセレクトショップです。店内には、雑誌に掲載されている旬のアイテムが勢ぞろいしています。

オーナーいわく、「良いものは長く愛用できる」
写真の小物は、フランスのパーツを使用。ビンデージアクセサリーを作っている東京の作家さんだそうです。

「ブルーウエイ」のET(イーティー)ジーンズは日本製の糸と布で作っています。「太陽にほえろ」で俳優の松田優作さんが愛用したことで有名になったブランドだそうです。

アメカジファッションなら「RICE BURNER(ライスバーナー)」

オーナーのおすすめ
靴下を作る作家さんは毎年違うモチーフをテーマにしているそうで、今年はフランスがテーマです。
天使の柄の靴下(5,040円)と同じ柄のカーディガン(27,300円)のセットもおしゃれです。

バッグも1点ものです。ウールのレースが繊細な雰囲気です。持ち手は山羊革を使用(6,800円)。

「デザイナーさんの想いを伝えるのが役割」と話してくださったオーナーの尾崎さん。
「シルフ」で、1点もの商品との出会いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

<Sylph(シルフ)>
住所 青森市浪打1-1-21
TEL:017-741-0818 FAX:017-741-0788
営業時間 10:00-20:00
定休日はありませんが、仕入れの日は休業となります(不定期)。
http://www.geocities.jp/sylph_only/
駐車場3台(無料)

こちらから魅力にコメントができます。