魅力No.2120


津軽の歌姫、高瀬まみさんインタビュー

―自分の住む地元で活躍している方に、お話をききたい―

ずっと、そんなことを考えていたのですが、なんと、ご縁がありまして、ある方に取材をする事が出来ました。今回は、この方にインタビュー取材を行ないました!

高瀬 まみ(たかせ・まみ)さん

mami_002

弘前市出身。生まれも育ちも津軽。幼いころから歌が大好きで、数々の賞を受賞。
TBSテレビ「アッコにおまかせ」高校生カラオケインター杯・グランプリや、
「第1回全日本リンゴ追分コンクール」準グランプリなどを受賞。
プロを目指し、トワエモワの芥川澄夫先生に師事したのち、2002年にオリジナル曲「ロック!じょんから節」でCDデビュー。
歌手のみならず、MCやテレビのリポーターなど、マルチに活躍中。
ファンからは「まみまみ」と呼ばれている。

取材したのは、彼女が毎週金曜日に生放送でレギュラー出演しているラジオ番組「高瀬まみの まみまみワールド」の放送現場。つまり、まちなか情報センターのサテライトスタジオにお邪魔しました。

mami_003_1
アップルウェーブ「高瀬まみの まみまみワールド」毎週金曜日 正午より生放送!

地域情報とリスナーの皆さんからのメッセージとで構成される、週末午後の3時間の生ワイド番組です。弘前市を中心としたエリアで、FM78.8MHzで放送。そのほか「アップルストリーム」を通して、全国・全世界へと配信中(音楽やCMはカットされる)。
インタビューは、放送終了直後に行なわれました。では、その様子をご覧ください。

■ラジオのこと、お仕事のこと

――ラジオ生放送、お疲れ様でした!喋り疲れたあとの取材になり、申し訳ありません。この番組は、間もなく満12年を迎えるそうですが、長く続けられた秘訣みたいなものは、何だと思いますか?

本当に、聴いてくれるリスナーの皆さんのおかげです!
“皆さんを元気にしたい”って思ってこのラジオを始めたんですが、いつの間にか皆さんからパワーをもらっていて、週1回、このスタジオに来て、ラジオを通して皆さんに会えるのが、楽しみになりました!

――12年って、本当に長いですよね。

ビックリですね。自分でも! 正直、実感がないんですよ!!

――まみさんにとって、このラジオとは、どんなものですか?

(さっきも言いましたけど)皆さんとの「出会いの場」ですね。ラジオをやってなかったら、多くの方と出会うってことは、きっとなかったと思うので…

――あのー、まみさんって「本業」は何ですか?

あぁ!そうですね!(笑いながら)この間もタクシーの運転手さんから「お笑い芸人を目指している方ですか?」って、きかれました。でも…本業は「演歌歌手」です。歌手としてデビューして、これからも歌手として頑張っていきたいです。

――テレビ・ラジオに出たり、イベントで司会をやったりしていたので、てっきり「おしゃべりを本業とする方」なのかなぁ、って思っていたのですが…

あぁ。なぜか昔から、MCのお仕事の依頼が多いんですよねぇ。
実は、憧れのMCのお姉さんがいまして。その方は、営業で北海道の函館に行くときに、いつもMCをしてくださる方なのですが、その方のMCがとても良くて!
“あぁ、歌もやっていきたいけれど、こういう「喋れるお姉さん」にもなりたいなぁ”と思いました。
“二つともやりたい!”って思う私って、欲張りなのかもしれませんね
(笑)

■高瀬まみの「青森・津軽の魅力」とは?

――このサイトは「青森の魅力」ということで…他県の人に「青森県や津軽のコレ、おすすめします!」というのを、是非きかせてください。

私は、津軽の“音”をおススメします!津軽三味線の音色はもちろん、民謡とか手踊りとか、そういった、音で感じられる「津軽の郷土芸能」をおすすめします。

食べ物は、アップルパイのお店が(弘前市内に)たくさんあること!私、本当にアップルパイ好きなんですよ!食いしん坊なので(笑)。こんなにおいしいスイーツはないと思います!

風景は、やっぱり岩木山です!自分の実家が山のふもとにあって、そこには、田んぼと岩木山がバーン!って(笑)そういう感じで、ものすごくキレイに岩木山が見えるスポットがあるんです。

■待望の新曲がリリースされました!

「高瀬まみ」名義としては、2008年12月リリースの「華吹雪」以来、
実に4年3か月ぶりのニューシングルが、3月3日にリリースされました。

mami_005
「夢ねぷた/夫婦貝(めおとがい)/モテ期は突然に…」
(SOS-RECORDS ― SOS130204M 1,500円)

――今回は、3月3日=0303で「まみまみの日」に発売ということで…

ハイ!今回は“まみまみ”=3月3日にこだわらせていただきました!

――「ご縁」があっての、今回のシングル発売と聞きました。そのあたりをくわしく教えてください。

昨年夏のねぷたまつりの時に弘前で、お友達の演歌歌手・華かほりさんを通して、今回のシングルのプロデューサー、雅 遠景(みやび・えんけい)さんに初めてお会いしました。最初は「お友達になりましょう!」っていう軽いノリで(笑)。そこからお付き合いが始まりました。

――雅さんは、その時見たねぷたに感動して、今回の曲が浮かんだ、と聞きましたが。

その年の秋か冬ぐらいに雅さんから「こんな曲が出来たんだけど、試しに歌ってみない?」って話が来て…実際に曲を聴いて、「すごくいい曲!」「歌いたい!」って思いました。それが12月の事でした。

――その後は?

実は、雅さんの奥様が弘前の出身だったんですよ。で、お正月に雅さんが弘前にいらっしゃると聞いて、私は元旦に中三でライブがあったので「じゃ、いらっしゃるのであれば、私、生で歌ってみたいです!」ってことになって、その日初めて「夢ねぷた」を歌ったんです。その時はまだ、CDを出すとかそういう話は一切なかったんですが、ライブが終わった後、数人のお客さんから「すごく良い曲だね!」って言われて、自分でも歌ってて感動したので…「これは、自分の持ち歌にしたい!」って、強く思いました。だから決めたのは元旦のライブでしたね。その後、1月の下旬に東京でレコーディングをして、今回のCD発売となりました。

――CDに入っているそれぞれの曲について解説をお願いします。

「夢ねぷた」は、賑やかなイメージではないけど、ねぷたばやしをベースに、ゆったりとした情景が伝わる曲です。等身大で歌っている“そのままの高瀬まみ”を聴いていただきたいと思います。

「夫婦貝」は、私が初めて挑戦する“女性演歌”です。作詞は、ねぷた絵師の八嶋龍仙先生です。おしとやかな感じで、耳にやわらかく、心地よく、歌いやすい、
そんな素敵な曲に仕上がっています。

「モテ期は突然に…」は、ひでちゃん(横山ひできさん)と、ユタちゃん(オダギリユタカさん)が私を奪い合う!という、あり得ないシチュエーションが繰り広げられます(笑)。三人で歌う曲なので、通常のライブで歌う機会はめったにありません。
生でこの歌を聴きたいという方は、3月20日の新曲発表会に来てください!

(詳細は、下記参照)

■皆さんへのメッセージ

mami_006

――「青森の魅力」をご覧の皆様に、メッセージをお願いします。

今回のシングルは、いろんな高瀬まみが楽しめるCDです。
いつも「心にしみる演歌を歌いたい」というテーマを持って歌わせていただいているのですが…皆さんにこの思いが伝われば、と思います。
CD、是非聴いてください!そして20日の発表会にも来てください。
生の歌を聴きに来てくれたら嬉しいです!

インタビューは、以上で終了です。

今回の取材にご協力いただいた、高瀬まみさん、アシスタントの のんちゃん、
そしてアップルウェーブのスタッフさんに、この場を借りて感謝の意を表します。

読んでいただきました皆様、ありがとうございました。

■シングル「夢ねぷた」情報

◎シングル「夢ねぷた」購入方法
弘前市の「日弘楽器」で直接購入できますが、通販での販売もしております。
(通販ページはコチラをクリック)

◎新曲発表会
3月20日・水曜日(春分の日) 「土手町コミュニティパーク」1階・多目的ホール
午後2時半開場、午後3時開演。入場料は、2,500円(CD・ポスター代を含んでいます)
ゲスト…横山ひできさん、オダギリユタカさん、佐藤生朗さん、渋谷幸平さん。
※チケットは「日弘楽器」で発売中です。

◎CD及びアーティストに関する問合せ先
SOS-MUSIC株式会社
〒135-0032 東京都江東区福住1-13-7 霜ビル1-202
TEL 03-5245-3777(お電話での受付は、10:00~18:00)
e-mail:info@sos-music.jp 担当:武井正信

こちらから魅力にコメントができます。