魅力No.315


日本海にゆかたが薫る ふかうらヤットセ

ふかうらヤットセ

2010年8月14日、15日深浦町で「津軽風待ち湊ふかうらヤットセ」が開催されました。ゆかたと小唄が中心の、非常に温かみがあるお祭り。ゆかたや甚平を着て深浦に沈む夕陽をみよう!ということなのですが、あいにくの雨。浴衣の人も少なく、夕陽も見ることができず(涙

子供たちのおどり

でもチビッコ演芸ショーやジャズなど、雨など気にすることなく、町民の方々は盛り上がってお祭りが進行していきます!町が一丸となって盛り上げていくっていいですよね。小さい子が踊る姿、かわいかったです!雨の音色とともに聞くジャズもなかなかいいものでしたよ!

深浦小唄

メインはゆかたと深浦小唄で総踊り。深浦小唄ってあるんですね!ヤットセというコトバもこの深浦小唄の歌詞からとったそうです。さぁさぁ早くみんなで一緒に踊りましょう!という意味があるとか。小学生の子も一生懸命踊っています。学校で踊りを練習するんだそうで。町民全員踊れるってことですよね。すごい!

こちらから魅力にコメントができます。