魅力No.36


男坂と女坂

より強い願を掛けるために

八戸市の中心街のすぐ近くに位置する長者山。
その山頂に長者山新羅神社がある。
山頂に位置しているために、ここへ訪れるためには坂道を上らなければならない。

本殿から少し離れた位置にある”男坂”と”女坂”。
その昔、願を掛けるために参拝した人々が、より強い願を見せるために男坂を上ったのだそうです。

ゴツゴツとした大きな岩が置かれている男坂。
現在は封鎖中ではあるが、隣の女坂より見ることはできる。

緩やかな階段状になっており上りやすい女坂。
通常の参拝時にはことらを上る。

坂を上りきると、そこには緑溢れる風景が広がってくる。
春には花見客で賑わう桜まつり、夏には子供たちが物語に触れられるおとぎの会、
秋には紅葉を楽しむ人々、そして冬には八戸地方の春を祝う祭りであるえんぶりがが行われる。

40.503097,141.491117

こちらから魅力にコメントができます。