魅力No.388


ウマの知識・・・・・・・3

馬房掃除

今回は馬房掃除(ばぼうそうじ)名前の通り馬の部屋掃除はどんなものなのか皆さんにお教えしたいと思います。

 

 わかりずらいですが馬は檻のようなドアで外に出ないようになっています。ちなみにこの厩舎には左に5頭、右に5頭、計10頭の馬がいます。

 

 まず馬房を掃除する前に馬を外にだします。無口といわれる馬を引き連れる時に使う物をつけ外に出します。

 

 外に出したら馬を遊ばせるために小さな庭のような馬場(ばば)というところ放牧にします。今回は運悪く雨が降っていたので放牧の写真は撮れませんでした。

 そして、馬を停線場(ていせんじょう)という馬を逃げない繋ぐ所に繋いでおきます。

 

 ここから掃除が始まります。ちなみに上の沢山ある黒い物体は馬のフンです。馬のフンの事をボロと言います。それ以外はもみ殻です。

 

 スコップでボロを拾いボロを一輪車に乗せ捨てにいきます。

 写真の右にボロを捨て、馬房のボロがなくなった左にある新しいもみ殻を運びます。

 

 新しいもみ殻をまんべんなくひきつめたら馬房掃除終了です。

ボロだらけだった部屋がこんなに綺麗になりました。

 

 馬房掃除が終わったら、今度は馬の手入れです。馬場で馬を放牧させていれば馬は寝転がったりします。そうすると砂がついてしまうので、ブラッシングをします。

 

この写真は裏彫りと言って蹄についている石や汚れを落とす作業です。

 

 ブラッシングと裏掘りが終わったら馬を馬房に戻します。

 

最後に無口を外してすべて修了です。

 みなさんどうでしたでしょうか?楽勝じゃんと思った人もいると思いますし、大変そうと思った人もいると思います。実際は結構大変です。しかし、馬だって部屋が汚ければ不機嫌になってしまいます。人間のように自分で部屋を掃除できればいいのですが、馬はそれができません。馬を知るために、馬を好きになるには知識だけでなく馬房掃除も大事な一環なのです。そこをみなさんにも知ってもらって、みなさんが馬を好きになってくれればありがたいです。

コメント一覧

  1. 初日のフォローに行った“Yumiさん”です。
    お久し振りです(^^)/

    馬のことを「まだちょっと怖い」と言っていたのが嘘みたいに、慣れた手つきで馬と触れ合っている様子でビックリです。

    こうした地道な世話で馬が心を許すんですかね。お馬さんもお二人も穏やかな表情で素敵です。

    Yumiさん

    2010.09.22


  2. 大変そう!でも憧れのお仕事ですね~。毎日お馬と向き合って信頼しあって…ステキです。

    kayo

    2010.09.15


  3. 毎日お疲れ様です。
    前に乗馬倶楽部さんにお邪魔した時に、
    「裏彫りするにも、信頼関係ができていないと
    なかなかお馬さんが脚を曲げてくれない」という話を聞きました。
    9枚目の写真のお馬さんの表情がそれを物語っていますね!

    zoom

    2010.09.14



  4. 2番目の匿名のコメントは私です

    すいませんでした

    sdu

    2010.09.14


  5. 私の部屋もやってほしいです。
    ここの馬は幸せですね。

    さとちゃん

    2010.09.14


  6. この作業の繰り返しが、
    馬に活力を与えてあげるんだねー

    日常に秘められた魅力だね

    素敵です

    匿名

    2010.09.14


  7. でり、頑張ってるなー!明後日は色々語ろうな。

    くろしゃちょ

    2010.09.13


こちらから魅力にコメントができます。