魅力No.690


三沢 の海 の名前

こんにちは。ボクは、妹と、お母さんと、お父さんじゃないおとこのひとと、

みさわの海に、やってきました。

お母さんは、おとこのひとを「お仕事で一緒の方よ。」と、

言っていましたが、よくわかりません。おとこのひとは、えがおで、

たくさん、ぼくたちの写真を撮ってくれました。

とにかく、ものすんごく、暑くて、ぼくは、いまにも、

ザブ~ン!!と、波に、とびこみたかったのだけれど、

お母さんに、「きょうは取材だからダメ!?」と、

大きな声で、よびもどされちゃいました。

みさわの海の名前は、

<三沢ビードルビーチ>です。みさわのどこに行っても、赤いヒコーキを見付けます。

外国人の人たちも、たくさん、あそびにきています。

色んないみで、『いいな~』と、思いました。

しかたがないので、ぼくらは、すなに、メッセージをのこすことにしました。

みさわの海さん、お母さん、ありがとう。。。

おとうさんは、どこにいるのかな。。。きょうかえってくるのかな。。。

この夏、おとうさんと、ここに、くることは、できるのかな。。。

なんて、かんがえていると、「漁港の方へ行ってみよう!」と、

えがおで、おとこのひとがいうので、ついていくことに、しました。

おおきな、船をみなさんで、新しい色に、塗っていました。

ぼくも、絵を描くのが、すきなので、お手伝いしたいな~と、おもいました。

お船にのって、このまま、外国まで、

いっちゃえることができたら、すごいんだろうな、と、おもいましたが、

すんごく、たいへんそうだから、やっぱりいいや、と、すぐに、思いました。

防波堤の突端では、わかいパワーにあふれた、おにいさんたちが、

度胸試しか、つぎつぎに、みさわの海へと、ダイブして、いきました。

若いって、素晴らしいけど、若い時には、気付けない、

それが、若さ、なのかもしれない、と、ぼくは、思いました。

夏のせいで、空気が気だるく、揺らいでいました。

みさわの海のように、どこまでも、夏が、つながっているようでした。

ぼくのそばに、秋が、くるまでは。

コメント一覧

  1. ほのぼのとしてていいですね^^
    癒されます^^

    あらら

    2010.10.20


  2. 皆さま、素早い反応、有難うございます♡
    これから、どんどんブラック&ホワイトユリ網バ~ジョンを
    展開していきたいと思いますので、振り切れ感にご注意下さい。

    ユリさん

    2010.10.20


  3. 一瞬三沢ヌーディストビーチに見えた…
    ゴホン…
    ほのぼのした家族に垣間見える闇。
    ドラマを感じました。

    さとちゃん

    2010.10.20


  4. 私も、何か「失楽園」的な小説が始まったのかと思い、ドキドキしてしまいました。

    というのは冗談ですが、素敵な文章ですね!
    こういうの、自分には書けないので、憧れます。

    akky

    2010.10.20


  5.  島田ねえさん、おとうさんじゃ無い男の人が気になってしまい、ビートルビーチのレポが右から左に抜けて行ってしまうではないか!
     今度、青森県のいまどきの小学生と言うことで コラボして子供達を活用しましょう~。うちの子は小5と小3女子です。よろしく!

    ピコロモンド

    2010.10.20


  6. ビードルビーチいいですよねぇ~(^_^)
    ちょっと高度な子供の夏休みの絵日記みたいです。
    ・・・お父さんじゃない男の人と・・・あのひと・・・ですか。

    かっちん

    2010.10.20


こちらから魅力にコメントができます。