魅力No.748


津軽為信公に仕えた名軍師の眠る寺~光明山誓願寺


弘前市新町の浄土宗光明山誓願寺は、院号を無量院といい、慶長元年(一五九六)に旧平賀町(現在の平川市)の大光寺に創建されたと伝わっています。現在の地に移転したのは、元和元年(一六一五)。弘前城の西の鎮護としてこの地に移されたとされています。
この由緒ある誓願寺ですが、弘前の地に移転して以後、四度の火事に見舞われるという災難のため、現在ある本堂などの建物は比較的新しい年代のもとのなります。
しかし、唯一火災により失われることなく、今も往時と変わらぬ姿を見せるのが、この誓願寺山門です。
こけら葺の重層四脚門で高さは六・九メートル。正面に切妻破風を配置し、少しも小さく感じさせない量感あふれる力作とされています。さらに桃山時代の手法の中に、室町時代の様式もみられ、地方色豊かな建築物として重要文化財に指定されています。
こちらは、山門を境内の中から見たところ。この山門は、またの名を鶴亀門とも呼ばれています。その由来は、屋根の軒下に鶴と亀の意匠が彫り込まれていることから。
ちなみに、現在(二〇一〇年十月二十二日~十一月七日)弘前公園にて開催中の「弘前城 菊と紅葉まつり」では、植物園北側入り口に、この山門を模したゲートが立っています。
そしてこのゲートにも、しっかり鶴と亀がしつらえられています。
この辺りもしっかり、チェックしてみて下さい。

さて、この誓願寺の見どころがもう一つ、あります。それは、弘前藩初代藩主、津軽為信に仕えた名軍師、沼田面松斎(ぬまためんしょうさい)の墓がある、ということです。

生年は不明、没年は慶長十七年(一六一三)とされるこの人物は、上野国(現在の群馬県)出身で、名前は祐光(すけみつ)といいます。戦国武将の細川藤孝(後の肥後熊本藩初代藩主細川忠興の父)に仕えましたが、浪人として出奔し、名を面松斎と改めて津軽の地に流れ、永禄十一年(一五六八)に為信に仕官したとされています。
面松斎は天文・易学(占い)に通じていたため、軍師として登用されました。以後、為信による津軽統一戦に従軍し、巧みな策略をめぐらして大きな功績を挙げたといいます。
(津軽為信の事績については、BANBAさんによるこちらのレポートをご覧ください)

沼田面松斎の功績は、これだけにとどまりません。津軽統一を成した後の為信は、それまでの居城を変えて新たに津軽平野の何処かの地に城を築くことにしました。そして、鷹岡(現在の弘前)こそ風水の面からみてもっともふさわしいとして、場所を選定し為信に進めた人物こそ、面松斎その人だったのです。すなわち、来年築城400年祭を迎える弘前城の生みの親は、この面松斎であったと言っても過言ではないのです。
さらに面松斎は、徳川家の相談役として大きな影響力を持っていた天海上人とも親しかったといい、江戸幕府成立後の徳川家と津軽家の親密な関係※を築くのにも、この面松斎の果した力が大きかったともされています。
(※ 徳川家康は自分の養女を津軽家に嫁がせ姻戚関係を結んでいます)

このように、津軽の歴史に大きな足跡を残した面松斎の功績をたたえ、彼の死後に二代藩主信牧(のぶひら)はここ、誓願寺に彼を葬ったのでした。その際に贈られた戒名は、清光院殿面松斎大居士

院殿大居士の号は、本来は藩主にしか許されない格式の高いものであり、これが許されたということからも、面松斎がいかに津軽家にとって重要な人物であるかがお分かり頂けるのではないでしょうか。

以上、地元弘前の人でもあまり知られていない、津軽の歴史トリビアをお送りいたしました。
皆さま、来年の弘前城築城400年祭にあたってはぜひ、沼田面松斎の功績を偲びに、誓願寺へお越し下さい。

浄土宗光明山誓願寺
青森県弘前市新町247
tel:0172-34-5532
拝観時間:9時~15時30分(12~3月は~15時)
拝観料:100円
門前に駐車スペースあり

青森県弘前市大字新町247

コメント一覧

  1. 祐光は上州でなく越前の熊川城(後に熊川宿に)の生まれだと思いますよ。
    父は鎌倉時代初期に上州の本家から分かれており、室町期は幕府の奉公衆だった越前沼田氏の沼田光兼でしょう。「光」が被ってますし。

    光兼は後に熊川城を若狭武田氏配下の武将に攻め落とされ近江に逃げるそうですが、その際に細川藤孝を頼った、というのはありそうですね。藤孝の正室は沼田麝香、光兼の娘です。その縁もあり、越前沼田氏はそのまま藤孝に付いていき、熊本藩の上級武士、熊本沼田氏となりました。

    麝香の肖像画は現存していますが、着物の紋は上州沼田氏と同じ三つ巴で、これは上州沼田氏がいつの間にか相模三浦氏の一族と自称し始めたことと符合します。勿論熊本沼田氏の家紋も三つ巴だそうです。

    面松斎の墓に刻まれた家紋が何だったか気になってググった結果ここに流れ着いたんですけど、六文銭て何なんでしょうかね…。
    一応上州沼田は真田氏の重要拠点でしたが、だからって…?

    沼田市民

    2015.07.17


  2. 由緒ある沼田の姓がなぜ工藤に変わったのかちょっと不思議に感じました。 初代面松斎、2代兵庫助さんまでは同じで沼田家の3代目と工藤家の3代目の名前が違うようですけど、なぜなんでしよう?      沼田本家の子孫が工藤家なのでしょうか。もっといろいろ知りたいですね。  今はきれいなのでしょうけれど、昔訪れたときはずいぶんさびれた感じでした。今年は何年かぶりでお参りしたいと思っています。

    rera kamuy

    2015.03.25


  3. 沼田面松斎が、のちに殿様から、「工藤」と言う姓を貰いました。
    私は、工藤家13代目の子孫です。小さい頃から、自分の先祖のルーツを聞いていましたが、弘前市が現在あるのも、御先祖様の、おかげだそうです。代々、工藤家に男子が生まれたら
    先祖代々お墓を守るようにと継承されます。(絶対に子孫を絶やす事なく男子を産むと言う約束です)父・13代目は、2009年に亡くなり、14代目と15代目の男子が居ます。どうか、これからも、沼田面松斎の功績を讃えて頂き、お墓の方(誓顔寺)にも足を運んで下さい。
    いつの日か、津軽為信と軍師・沼田面松斎の功績が、ドラマ化される日を夢見ています。(本は、何冊か発売されています)

    沼田面松斎の子孫

    2014.09.24


  4. この方から…始まる系図などなどが…この方の子孫にあたる方が…弘前市の図書館に…寄贈したそうです。この方の子孫に、あたる方が、笹村家に、嫁ぎ…今は…子孫の孫に、あたる方が(川村)お墓を…守っています。この方の…周りある、小さなお墓は、この方の…家来の方々だそうです。昔は…もっと沢山の(家来の方々)小さな、お墓に、囲まれいましたが…お墓の場所を変えてから…無くなって、しまいました。昔は、弘前城を…見つめる形で立ってました。

    acooo

    2011.09.20


  5. 私の家のご先祖〔一応武士〕の一族の墓所も誓願寺の奥のほうに数基あるので、沼田面松斎のお墓も拝見したことがあります。すごく大きくて立派ですよね。俗名もきちんと書いて江戸初期から残っていて、うちの墓なんか小さいし、無縁仏〔管理者がいなくなってしまった〕となってしまい、私も数回しか行ったことがありませんが・・・〔ご先祖様ごめんなさい(笑)〕

    たにし

    2011.02.18


    • たにしさん

      コメントありがとうございます。
      おお、誓願寺にお墓があったのですね。私も面松斎のお墓をはじめて見て、立派さに驚きました。
      墓まで案内してくれたお寺の方も、すごく丁寧に縁起を説明してくれましたよ~。
      今後とも「青森の魅力」をよろしくお願いいたします。

      akky

      2011.02.18


      • 沼田面松斎は真田幸村の子孫とされていますそれで墓には六文銭が刻まれいます

        Yoshy

        2011.05.23


  6. 沼田祐光のお名前がでるとは…
    私理想なんです、生没年不詳…

    BANBA

    2010.10.29


    • BANBAさん

      そこが理想なのかッ!?

      akky

      2010.11.01


  7. 鶴と亀さんがいっぱい!長生きできそう。
    生まれも育ちも弘前ですが、この方のことは全然知りませんでした。お恥ずかしい限りです。

    あらら

    2010.10.28


    • あららさん

      あくまで、こういう方がいたんですよ~ってことですね。
      いつか津軽為信の生涯が某国営放送で大河ドラマ化されたりしたら、
      この方ももっとメジャーになるのかもしれませんw

      akky

      2010.10.29


  8. 面松斎さんすごいです!
    弘前人は知っておきたいお話です。
    私藤崎ですが…

    ゆ~みん

    2010.10.28


    • ゆ~みん

      私も戦国マニアのはしくれですので、名前と功績は知っていましたが、
      このお寺にお墓があるとは存じ上げませんでした。
      実はこの日、結構感動してたのよ。

      akky

      2010.10.29


こちらから魅力にコメントができます。