魅力No.813


りんご娘と行く! 五能線・奥羽線ミステリー列車の旅 後編

前編からの続きです。

10:47 五所川原出発

第二の目的地を目指して、ミステリー列車はホームを離れました。到着予定時刻は12時過ぎと、かなりの長時間。この合間に、各車両をりんご娘が巡回し、新曲「トレイン」をアカペラで披露してくれました。


移動する電車内、しかもメガホンで、といういささか困難な環境にも関わらず、見事に歌い上げる彼女たちのプロ根性に脱帽します。
また、アルプスおとめたちも、流行りの「謎かけ」を披露して、参加者たちを楽しませていました。

「新青森駅開業とかけて、ミステリー列車とときます」「そのこころは?」
「どちらもこれからますます、盛り上がっていきます!」「オォー!」

そうこうするうちに、いよいよ第二の目的地に到着。我々が降り立ったのは……。

12:08 そして県外へ

秋田県の大館でした!

そして一行は、りんご娘たちにガイドされて、駅前のお食事処「花善」へ。

店の外壁にも大きく示されている通り、ここは比内地鶏が食べられるお店です。ランチとして供されたのは、鶏めし御膳でした。

食事中は、同席した参加者の皆さんとしばし歓談。「まさが、青森出るとは思ってねがったじゃ~」という声が多かったです。やはり皆さん、この展開は予想外だったようでした。

13:00 電車に別れを告げて

お昼を済ませた後、誘導された一行は、弘南バスに乗り込みます。

ここから先は、車で移動。30分かけて、次の目的地に向かいます。途中、バスガイドさんが、秋田県の観光地や特産物について紹介してくれました。

「泣ぐ子はいねぇが」「空骨病み(カラポネヤミ=怠け者の意味)の嫁っこはいねぇが」でお馴染み(?)のなまはげを追い返す方法は、丁重にお酒を勧めて、飲ませてしまうことだとか。酒好きのなまはげは、途端に機嫌がよくなって、すぐにその家を出ていくのだそうです。こんなお話を聞いているうちに、バスはとうとう、次の目的地に到着。

13:30 鉱山の町

バスから降り立ったその場所は、かつて、日本一の鉱山町として栄えた小坂町(こさかまち)。
往時は鉱山技師たちを楽しませた、現役の見世物小屋としては日本最古の「康楽館」(こうらくかん)と、小坂鉱山事務所を訪ねました。


康楽館では、上演中のお芝居をちょっとだけ覗かせてもらったり、黒子さんに案内されて花道の地下を通って、舞台裏側の仕掛けについて説明してもらいました。

鉱山事務所では、かつて日本でも最新のインフラ設備を備えたモダンな都市として繁栄した小坂町のよすがを、展示物を通じて見学しました。

その最中、見事なドレスに身を包んだ、金星とジョナゴールドを発見。


どうやら、「産地直送☆青森最高」のロケの真っ最中のようです。バルコニーでは、役になりきって「オホホ、オホホ」とにこやかにほほ笑む二人をしり目に、レットゴールドとときの二人が、こちらに気づいて合図をしてくれました。ありがとう!!

14:40 りんご娘たちからのメッセージ

再びバスに乗車し、小坂町を後にした一行。車内では、金星が「今日、参加者の皆さんと出会えたことは私たちにとって、たいへん貴重な出会いでした。新幹線が全線開通することで、もっとたくさんの出会いが、皆さんや私たちを待っています」というメッセージを伝えてくれました。

そしていよいよ、最後の目的地に到着したのです……。

15:22 帰ろう、弘前へ

着いたのは、碇ヶ関。かつて藩政時代、弘前藩が設けた関所のあった地です。

ここから再び電車に乗って、弘前へ帰ることとなりました。

楽しかったこの一日。さよならするのは寂しいけれど、金星が言っていたように、これからもたくさんの出会いが、それぞれを待っているのです。元気を出して、最後まで行きましょう!

15:40 弘前駅の中心でりんご娘が歌う

帰ってきたからって、これで終わりじゃありません。最後の最後、駅の改札を抜けてすぐの、自由通路にてりんご娘のミニライブが行われるのでした!

通路は、ツアー参加者以外にもりんご娘のファンでいっぱい。そしていよいよ、ミニライブの開始です!

名曲「林檎の歌」を皮切りに、りんご娘の歌声が披露されていきます。二曲目は、「産地直送☆青森最高」のテーマ曲「だびょん」。ユーモラスな歌詞に、会場のみんなは大いに楽しんでおりました。そしてラスト三曲目は、再び新曲「トレイン」が高らかに、弘前駅に響いたのです。

バックにアルプスおとめも加わって、ライブの盛り上がりも最高潮。参加者一同、最初から最後まで大満足です。
そして、今日一日ガイド役として走り回っていたりんご娘とアルプスおとめの皆さん、お疲れ様でした!!
……というわけで、長くなりましたが「五能線・奥羽線ミステリー列車」レポートもここで終わりです。最後までお付き合い頂きまして、ありがとうございました。
あららさんによるレポートも、合わせてご覧いただけるとより、この日のことが詳しくわかると思います。

また、改めて繰り返しになりますが、この日の模様は11月20日(土)11時より、青森朝日放送「りんご娘の産地直送☆青森最高」にて紹介される予定です。あららさんや僕のレポートを読んで下さった皆さんは、こちらもぜひお見逃しなきよう!!

さらにさらに、告知になりますが、弘前公園にて開催中の「菊と紅葉まつり」最終日の11月7日(日)には、再び植物園特設ステージにてりんご娘のライブが行われます! 今回、残念ながら参加できなかった人たちも、今度の日曜は弘前公園にGO!だ。
りんご娘が、皆さんを待っています!!

コメント一覧

  1. 今回のイベントいけなかったのは非常に残念でした(T_T)
    今度こそは何かあれば見に行きたいです☆
    あららさん含めやっぱり行ってみたくなるレポでした~♪

    コクトー

    2010.11.08


    • コクトーさん

      12月18日のパワーライブにはぜひ、参加してください。
      言ってくれれば、チケット買っておきますよ。
      もちろん、私は既に購入済みですw

      akky

      2010.11.09


  2. ラジャ―。
    11月7日…
    ですね?

    さとちゃん

    2010.11.08


    • さとちゃん

      そうそう、11月7日の13時からだから、あとマイナス20時間後って……なんでやねん!

      akky

      2010.11.08


こちらから魅力にコメントができます。