魅力No.1060


道の駅 in 奥入瀬

~体中で感じる奥入瀬の旅の玄関口

           「奥入瀬ろまんパーク」~

県内外とわず注目を集めている道の駅。その青森独自の特色を全国に伝えていきます。第五回目の道の駅は自然豊かで県内外からも観光客が多く訪れる奥入瀬渓流を堪能でき、非常に美しい景観を誇る道の駅、奥入瀬 「奥入瀬ろまんパーク」 をご紹介していきます。

実はこの奥入瀬ろまんパークは大きくいくつかに分かれていて、「観光物産館四季彩館」、「ステーキハウス味蕾館(みらいかん)」、「手作りハウス味楽工房」、「地ビール&レストラン奥入瀬麦酒館」、「コニーファーガーデン」などパークと呼ぶにふさわしい規模を誇る道の駅となっています。それぞれの建物に関しての詳しい記事は別の記事にてご紹介したいと思います。

こちらは、「観光物産館四季彩館」です。八甲田連峰の山並みとマッチした美しい八角形の建物は、カナダのログビルダーの手によって作られた東北最大級のログハウスになっています。館内は広く、多くの加工品、地元の野菜など豊富に取り揃えていますが、その中でも道の駅「奥入瀬」といえは、奥入瀬源流水で仕込まれた日本酒、ビールでしょう。

こちらで販売されているビールには大(ビン)小(アルミ)四種類あるのですが、四種類の特徴を簡単にご紹介したいと思います。

~ピルスナー~

チェコのピルゼン地方で誕生した黄金色に輝くビールです。麦芽とホップと水だけで作ったなじみ深いビールできりっとしたホップの香りと苦みが口いっぱいに広がります。市販されているビールに一番近いタイプ。

~ダークラガー~

ローストしたモルトを入れたピルスナーで、文字通り「黒ビール」です。黒ビールらしい「香ばしさ」と「コク」を楽しめるビール。

~ヴァイツェン~

南ドイツ地方発祥のビールです。原料の一部に小麦の麦芽を使用していて、ビールが濁っているように見えるのが特徴です。ヴァイツェン独特のフルーティーな香りを持ち、ホップの苦みが少ないので女性の方に大人気。

~ハーフ&ハーフ~

「奥入瀬麦酒館オリジナル」の原料ブレンドで製造したこだわりのビールです。ピルスナーとダークラガーのいいところを取り入れたバランスの良い上品な味わい。

日本酒ももちろん奥入瀬源流水で仕込み作られているのですが、その中でも「奥入瀬しぶき(辛口)」、「十和田湖ほまれ(甘口)」は写真にもあるようにかわいい手提げ袋入りの小袋セットでも販売されていて、お土産にはぴったりです。

その他にも地元産大豆からつくられる手作り豆腐やこうじみそ、豊かな自然に育まれた、栄養たっぷりで取れたての作物も見逃せません。写真は同じパーク内で製造されている「奥入瀬飲むヨーグルト」です。地元で生産・飼育されている生乳を使い手作りハウス「味楽工房」でも売れ筋商品となっています。

次に足を運んだのは地ビール&レストラン「奥入瀬麦酒館」です。

こちらでは選び抜かれた麦芽とホップを奥入瀬の源流水で仕込んだ地ビールを堪能できます。こちらでは非常に素敵な笑顔でお仕事なさっていたスタッフの方にお話を伺うことができました。

アロマ、フレーバー、口あたり、のどごし、どれをとっても一級品です。また製造工程の一部が見学できるのも魅力の一つ。館内には煮沸釜などの醸造施設が張り出していてそれを見ながら食事もできます。特に休みの日になると相当な混雑ぶりのようで価値のある場所であると実感できるのもそういった時かもしれません。

その場で出来立て地ビールを堪能できる、ビール通でなくとも価値のある場所です。

ビール大好きな私としては、直注ぎのビールは是非いただきたかったのですが、今回は運転のためビールは飲めませんでした。後日その美しさはご紹介したいと考えております。

足取りも軽く次は「ステーキハウス味蕾館」へ伺いました。

「ステーキハウス味蕾館」ではもちろん極上ステーキを堪能できます。定休日だったため美味しさをお伝えすることができませんでしたが、こちらでは十和田湖和牛が提供されているのですが、大阪や京都でも銘柄販売されている和牛で口の中でとろけるような美味しさは、一口だけでやみつきになる事間違いなしです。

他にも手作りハウス「味楽工房」は12月~3月は休業しているとの事で、春にもう一度訪れたいと思います。

今回お話をお伺いすることができた鈴木さんと、合川さんです。新幹線が開業する前日にお伺いしたのですが、お忙しい中でも、非常にこちらはスタッフさんの一体感が感じられる凄く居心地の良い道の駅という思いを感じました。

様々な美味しさに出会える「道の駅 奥入瀬ろまんパーク」にぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?自然と一体になった安らぎの空間と、美味しい食事で癒されてみては。

~道の駅 奥入瀬「奥入瀬ろまんパーク」~

住所:青森県十和田市大字奥入瀬字堰道39-1
TEL:0176-72-3201
営業時間:5月~10月 AM11:00~PM7:30
      11月~4月 AM11:00~PM6:30
定休日 年末年始(12月31日・1月1日)

~ステーキハウス「味蕾館」~

忘新年会コース(平成22年11月11日~平成23年1月11日まで)
十和田湖和牛 すき焼き・しゃぶしゃぶ・焼肉 食べ放題5000円 2時間飲み放題付き
ニンニク三昧コース 4000円  2時間飲み放題付き
※いずれも4名様より 要予約
TEL:0176-72-3341
営業時間:5月~10月 AM8:30~PM7:00
       11月~4月 AM9:00~PM6:00
定休日 年末年始(12月31日・1月1日)
    冬期間(11月~3月)毎週水曜日(祝日の場合は営業)
    ※4月~10月の間は休まず営業

~地ビール&レストラン「奥入瀬麦酒館」~

TEL:0176-72-3231
営業時間:5月~10月 AM8:30~PM7:00
       11月~4月 AM9:00~PM6:00
定休日 年末年始(12月31日・1月1日)
    冬期間(11月~3月)毎週火曜日(祝日の場合は営業)
    ※4月~10月の間は休まず営業

~手づくりハウス「味楽工房」~

TEL:0176-72-3201
営業時間:5月~10月 AM8:30~PM7:00
       11月~4月 AM9:00~PM6:00
定休日 年末年始(12月31日・1月1日)
青森県十和田市大字奥瀬字堰道39−1

コメント一覧

  1. 地ビールキタコレ!
    大のビール党としては行かなければならない場所の一つです。

    さとちゃん

    2010.12.09


  2. ここに行くと必ず飲むヨーグルト買います!!

    のんべぇ

    2010.12.08


    • こちらの飲むヨーグルト絶品ですよね~☆

      コクトー

      2010.12.08


こちらから魅力にコメントができます。