魅力No.2098


小川原湖の宝石~たなご釣り~

この写真の魚、青森じゃご存知のない方が多いのでは?
小川原湖には、このようなきれいな魚がたくさん住んでいます。
通称:オカメ、本名はタイリクバラタナゴ。
戦時中の食料増産のために、中国からさまざまなコイ科魚類が移植された際に、小川原湖に定着したようです。
外来種ですが、ひっそりと大きな湖の片隅で生きています。

一回り大きな魚。こちらは在来種のマタナゴ。
小川原湖は、この種の北限。
国内でも生息数が少なくなっている種です。

あいにく、彼らのような小さなタナゴは、この青森では釣りの対象にする方はほんの一握り。
仕掛けや道具もこちらでは売っていません。
私はひっそりと、小川原湖を始め、津軽平野の水郷地帯などで楽しんでいます。

小さいものは、体長3センチほど。
針はタナゴ専用の小さなハリ。

世界で一番小さな釣りです。。。

日本, 青森県上北郡東北町上野北谷地65

こちらから魅力にコメントができます。