魅力No.2148


花魁とハリウッドスター@田舎館村田んぼアート2013

2013年8月26日。
青森の魅力の記事を見てずっと行きたい行きたいと思っていた、
噂の田舎館田んぼアートを見に初めて行きましたーーーーー!

平日にも関わらず1時間ほど待ち、初めて見た田んぼアート。
「今日平日だし全然並ばずに観れるでしょう」と思っていたのが甘かった…
秋田からの観光バスが3台!
村役場なのに車は満車。

以前お盆時期にもチャレンジしたのですが、3時間待ちと言われて撃沈したので、今回の待ち時間が1時間ならラッキー☆
そして長蛇の列を見て、改めて田んぼアートの人気の高さを見せつけられました。

花魁(おいらん)

そしてようやく見れた、田んぼアート。
今年は『花魁(おいらん)とハリウッドスター』、第2田んぼアートは『ウルトラマン』(©円谷プロ)でした。

見た第一印象。

想像以上におっきーーーーー!
そして本当に稲で描かれているか疑いたくなるくらい美しい。

花魁の表情も着物も美しい。
稲の長さもあるから、完成図をどのように想像しているんだろう…計算しているとか?
いろんな色の稲で描かれているので、奥行き・深みがあります。

ハリウッドスター

そして右に目をやると…マリリン・モンロー!とってもセクシー。
テレビなどで一度は見たことのあるあのセクシーさが見事に表現されています。

ドレスの皺や影が本当にリアルです。
じっくり見ているとちょっとドキドキしてしまいますね(笑)

それにしても見ている展望室から真正面に花魁がいるので、
マリリン・モンローはさらに右ななめ向かい。

大きさも花魁に決してひけをとらず、見れば見るほどその遠近感や斜体感に驚きます。

左に花魁、右にマリリン・モンロー。

美女の共演、おもわずため息ものです。
あまりにも大きいため、カメラに収まりきりません。

まだご覧になっていない方にはぜひ一度、このダイナミックな美女たち見ていただきたい。

田んぼアートの稲

展望室から降りてふと見てみると、稲の長さがそれぞれ違います。
色だけでなく、稲の生育も計算して田植えをしたのでしょうか?

黄、白、橙、赤、紫、緑、濃緑など7色9種類の稲で田んぼアートは作られています。
中には青森のお米「つがるロマン」も!ちゃんと食べられるんですね。

すごいですね~!稲穂が伸びる度、色付く度に楽しめる田んぼアート、奥が深いです!

そういえば、待ち時間に田んぼアート制作の裏側が分かるDVDが流れていました。
長時間待つことになるので、DVDが流れているとあっという間に時間が経ちます。

どのように図面におこしているのか設計など、とても見ごたえあり!
残念ながら時間が来てすべてを見ることができませんでしたが、
稲の生育も、もしかしたら、そのDVDで秘密が明かされていたかもしれません。

思わずDVDを買いそうになってしまいました(笑)

田んぼアートが見られる会場

第1田んぼアートが楽しめる田舎館村役場、ものすごい存在感です!

この展望室から見る田んぼアートと田舎館の町が、とても気持ちよかったです。

今回は時間の関係上、田舎館村役場しか行けませんでした;_;
第2田んぼアートの『ウルトラマン』(©円谷プロ)、見たかったなぁ~
来年は弥生の里展望所にも行ってみたいです。

今年ももう少し楽しめますのでまだの方は是非行ってみてください♪

田舎館田んぼアート2013、今年は10月14日まで!

▼第1田んぼアート
場所:「田舎館村役場」青森県南津軽郡田舎館村大字田舎舘字中辻123番地1
期間:6月3日(月)~10月14日(月・祝)※但し、9月29日(日)は稲刈り体験ツアーのため、入館できません。
駐車場:田舎館村役場駐車場

青森県南津軽郡田舎館村田舎舘中辻123−1

▼第2田んぼアート
場所:「弥生の里展望所」青森県南津軽郡田舎館村高樋八幡10
期間:6月15日(土)~10月14日(月・祝)
駐車場:道の駅いなかだて「弥生の里」駐車場

青森県南津軽郡田舎館村高樋八幡10

【開館時間】
午前9:00~午後5:00まで(最終入館 午後4:30まで)。
田んぼアート期間中は土、日、祝日も開館しています。

【料金】
大人(中学生以上)第1・第2会場共通券…300円
大人(中学生以上)個別券…各200円
小人(小学生)第1・第2会場共通券…100円
未就学児(小学生未満)…無料

こちらから魅力にコメントができます。