魅力No.2222


下川原焼 – 幸せを呼ぶ津軽の鳩笛

弘前市におよそ200年前から伝わる伝統工芸 「下川原焼(したかわらやき)」

なかでも有名なのがこの『鳩笛』。
素朴で温かみのある手触りと、鮮やかな色彩が特徴で、そっと吹くと「ホー」という優しい音色がします。

弘前の人にはかなり馴染み深いもので、お土産屋さんなどでよーく見かけます。

 

今回弘前市に2件しかない工房のうち、新里にある阿保正志さんの工房を訪ね、下川原焼 鳩笛についてお話をお伺いしました。
阿保さんはご親戚の方から下川原焼の技術を受け継ぎました。

キリッとした表情をみせる阿保さんですが
普段はとても気さくで面白く、携帯もPCも使わないというアナログ派。
伝統を受け継ぎつつ、若い人に好きになってもらえるように試行錯誤しているそうです。

ちなみに阿保さんの工房では、一般の方を受け入れて鳩笛絵付け体験も実施しています。

作ったものをちょこっとだけご紹介↓↓

奥の眼鏡バージョンが私の作品。これが昔ながらの、しゅっとした形です。
手前は阿保さんデザインの鳩笛。ころんとした、丸みのある形が特徴。

作った鳩笛は家に飾っていますが、色彩が綺麗で家の中が明るくなります!

 

本格的に雪が降ってきた弘前市ですが
ほっこりあたたかな手触りと優しい音色の鳩笛は
津軽の厳しい冬の季節にこそ合う気がします。

鳩笛のほかにもたくさんの土人形が販売されていました。
プレゼントにもおすすめですよ☆

気になる方はぜひ工房を訪れてみてくださいね^^

下川原焼を受け継いだ阿保正志さんの、下川原焼づくりにかける想­い。
どうぞご覧ください。

--------------------------------------
【お問い合わせ】
下川原焼土人形 阿保正志さんの工房

住所:青森県弘前市新里字上樋田85-2
電話:0172-27-3766
最寄の駅:弘南鉄道弘南線 新里駅/駅から徒歩約3分
--------------------------------------

コメント一覧

  1. 魅力NO2222!ぞろ目ですね。これは何かあげなければ。。

    くろしゃちょ

    2014.02.03


こちらから魅力にコメントができます。