魅力No.511


魚介が香る、田舎のサッパリ醤油味「脇野沢焼き干しラーメン」 うめ~どinひらかわ~平川市~

焼き干しラーメン3

2010年9月25日と26日に行われた「うめ~どinひらかわ」で見つけた”旨いもの”第三弾「脇野沢焼き干ラーメン(ハーフ)」のレポートをしたいと思います。「うめ~どinひらかわ」このイベントは平川市商工会青年部が主催し、青森県内各地の商工会がこぞって参加する。「食と産業まつり」です。

麺麺街道

「うめ~どinひらかわ」の目玉として行われたのが、「平川市麺麺街道」です。平川市近隣ラーメン店及び、県内商工会が持ち寄ったご自慢の麺類達。選りすぐり12店舗が出店しておりました。すべてハーフサイズで一杯350円です。ハーフサイズなので一杯で終わらず2杯目をお求めのお客様がほとんどです。

焼き干しラーメン1

私の選んだのは下北半島は脇野沢の名物「脇野沢焼き干しラーメン」。
むつ市川内町商工会青年部の出店です。
脇野沢焼き干しラーメンとは、焼き干しイワシの粉末を直接麺に練り込んだ「究極の健康麺」です。もちろんスープにも焼き干イワシも使用されております。麺に練り込まれているので、中華ざるで頂いても「焼き干しイワシ」の豊富なカルシウムを摂取可能です。

因みに、写真はないのですが「焼き干しいわし」の作り方です。

①イワシの頭や腹わたをとり出し、水洗いをします。
②その後、折り板に並べて水分をとり、これを自然乾燥させます。
③竹串に刺して折り板に並べます。表・裏を焼いた後、まだ熱いうちに串を抜き、折り板に並べて、外で天日干しをします。
④折り板に25 串分を並べて、1日に2回、表と裏をひっくり返して、3日間ぐらいで干し上げます。

この様に「焼き干イワシ」手間ひまをかけ丹念に仕上げています。
焼き干しイワシは、体を動かすために必要なエネルギー源となる良質のたんぱく質、脂質、炭水化物と、生命の維持に欠かせないナトリウムを多く含んでいます。
また、歯や骨の形成に欠かせないカルシウムも多く、健康食品としても喜ばれています。

結果、自信を持っておすすめできる天然の産物を使用した「究極の健康麺」が出来上がるのです。さっぱり味ですが、後を引く美味しさです。お酒飲んだ後など、最高なんですが…いかんせん脇野沢は下北半島に存在しております。そうそう簡単にお酒飲んだ後に食べたいと言えないのが現状です。残念…

下の地図が、脇野沢の位置です。なかなか遠い、ばっちゃとお猿さんが多い所ですよ~。

41.135227,140.822754

下の地図が、会場のひらかドーム位置です。

41.135227,140.822754

こちらから魅力にコメントができます。