魅力No.2127


金澤翔子展 in 斜陽館

皆さん、金澤翔子さんって知ってますか??
天才といわれる女流書家で、各地で書展を行っています。

その金澤翔子展が、ここ青森にもやってきました!

場所は、五所川原市金木町。
太宰治の生家として有名な太宰治記念館「斜陽館」
全国からさまざまな人が訪れます。

金澤翔子さんは各地の重要文化財で書展をおこなってきたそうで、
2006年には、鎌倉・建長寺に「慈悲」を奉納し、
2011年、京都・建仁寺では「風神雷神」の書を奉納したことで話題になりました。
2012年の大河ドラマ「平清盛」の題字を担当したことでも有名です。

書展は記念館の奥にある米蔵にて行われていました。
作品が30~40点くらいあって
(すみません数えてくるの忘れました^^;笑)
題字に使用された「平清盛」もでかでかとありました!!

その他、この書展のために書かれたのか、
「金木町」「津軽」「斜陽」という作品もありました(^^)

わたしが一番目を惹かれたのは
背丈以上ある大きい屏風に描かれた般若心経?みたいな?
お経のような文字がつらつらと書かれている作品です。
もちろん全部漢字で。
あれだけ大量のしかも達筆な漢字を一度に見た事はなかったので
その迫力たるや(笑)
とってもカッコイイのです。

写真撮影OK。

期間は4月20日まで。
斜陽館の入館料だけで見ることができます。
(ちなみに入館料は一般500円です)
開館時間は9:00~17:00
(最終入館16:30)

一見の価値ありです!!

金澤翔子ホームページ

日本, 青森県五所川原市金木町朝日山412−1

こちらから魅力にコメントができます。