魅力No.532


浪岡観光の拠点に 青森市浪岡交流センター「あぴねす」

浪岡駅に併設されている
青森市浪岡交流センター「あぴねす」についてご紹介します。
あぴねす

「あっぷる+はぴねす=あぴねす」が、施設名の由来。
公募で選ばれたのですが、考えたのは地元の小学生だとか。

施設は、主に浪岡地区住民の交流を目的としており、
浪岡の特色や特産を活かした展示や、の交流スペースがあります。

《多目的広場》
施設内は広々としていて、中央にはリンゴの木が展示されています。
世界一という品種のリンゴの木
浪岡といえばリンゴ。
こちらは「世界一」という品種で、樹齢はおよそ80年。
幹周りは2.1m、高さ4.6m、枝張り11.0mもあります。

《りんご展示コーナー》

浪岡ブランドのリンゴや、リンゴ加工品の紹介のパネル展示です。

《ふくろう展示コーナー》

展示されているふくろうの模型は木製です。
他にも、本物のフクロウの羽を観察できるコーナーなどがあります。

《水生生物展示コーナー》

浪岡にはホタルがいます。ザリガニもいます。
失われていない魅力がこんなところにもあるんです。

《サービスキッチン&アトリウム》
あぴねす羅針盤
ゆっくりくつろげるフリースペースも広々。

浪岡みやげ
キッチンでは浪岡町内にある「羅針盤」という喫茶店の方が軽食やスイーツ、ドリンクなどの販売を行っています。
手作りのおにぎりやサンドウィッチなど、お持ち帰りできるものも多数ありました。


お土産コーナーには手作りのコースターやストラップなどが販売されていました。


浪岡商店街をほとんど網羅しているといっても過言ではない、それほど詳細なクチコミMAPも。
浪岡観光の拠点に利用できる展示です。

「あぴねす」では、作品展示や産直イベントも行われています。
2010年10月は
10月1日~10月20日 浪岡出身の画家である「常田健」「阿部合成」の作品を展示。
10月2日・3日 「食と産業まつり~なみおか豪遊イベント」
など、浪岡地区住民以外にも楽しめるイベントも開催されます。

ほかにも
作品の展示などに《企画展示コーナー》
会議や講演会などに《多目的ホール》
の貸し出しを有料で行っています。
こちらは事前の利用申請が必要だということなので、詳しくはお問い合わせください。

開館時間:午前9時~午後7時
※冬季(12月~3月)は午前9時~午後6時
休館日:12月31日・1月1日、冬季(12月~3月)の毎週月曜日
お問合せ:
〒038-1311 青森県青森市浪岡大字浪岡字細田61-20
電話 0172-88-6363
FAX 0172-88-6364

浪岡駅(青森)あぴねす

駅に併設なので、電車でのアクセスが便利です。
浪岡地区の他の施設へおでかけの際はバスをご利用ください。

コメント一覧

  1. さとちゃんさん>この施設、いろんな人に、いろんなことに使ってもらえるとすごくいいですよね。

    きゅう

    2010.10.01


  2. 少し前某写真展を見にお邪魔しました。
    浪岡駅ほんっっとにキレイになりましたよねぇ。
    町のこれからに期待しています!

    さとちゃん

    2010.10.01


こちらから魅力にコメントができます。