魅力No.1196


まるで満開の桜のような

弘前公園内にはたくさんの古木名木があります。
そしてなんといっても、弘前公園といえばやっぱり、桜。
園内には日本一樹齢の古いソメイヨシノや、日本一幹の周りが太いソメイヨシノなどが
随所に見られます。
そして今回ご紹介するのは、園内の二の丸に雄々しく根をはるシダレザクラの木。
通称「二の丸大枝垂れ」と称される木です。

こちらは、今年(2010年)のゴールデンウィークの、大枝垂れの姿。
携帯のカメラで撮影したものなので解像度が低いのはご勘弁下さい。
幹の長さは365センチ、木の高さは16メートル、植えられた時期は1914年(大正3年)とされています。
道往く人々が必ず立ち止まって見上げる、まさに名木。

この大枝垂れですが、先日、雪の降り積もった弘前公園を訪れた際の姿がまた、あまりにみごとだったので、思わず撮影してしまいました。





大枝垂れに満開の桜が咲いたかのように、真っ白な純白の雪が降り積もっています。
冬場ならではの、弘前公園の楽しみ方と言えるのではないでしょうか。

◆弘前公園内古木名木関連記事
魅力No.176 うしろのしょうめん、だあれ by akky 「本丸 鶴の松」

魅力No.575 弘前城植物園 by akky 「三の丸庭園 コウヤマキ」

魅力No.631 太郎杉の幹 by akky 「植物園内 太郎杉の幹」

魅力No.670 弘前城西の郭の根上がりイチョウ by akky 「西の郭 根上がりイチョウ」

コメント一覧

  1. いろいろな顔を見せてくれる木々に雪が加わると
    風情があるとしかいいようがないですね~

    のんべぇ

    2010.12.21


    • のんべぇ

      雪の中に風情を見出すのも、
      北国に住む人の特権ですよね~。

      akky

      2010.12.22


  2. 弘前城の桜も、冬景色でも非常に素敵な空間を演出してくれる。
    素晴らしい景色でしたね~☆

    コクトー

    2010.12.21


    • コクトーさん

      また弘前に来て下さい!
      今度は桜の季節にね。

      akky

      2010.12.22


こちらから魅力にコメントができます。