魅力No.1325


菊の里!南部の食用菊

 食用菊は昔から、血液をサラサラにして身を軽くすることから寿命を延ばすとされているそうです。

 青森県では、菊の花びらをお浸しやお味噌汁の具として食べる習慣が昔からあります。

  我が家でも、お裾分けいただく機会に恵まれ、毎年食用菊を大量に生の状態から花びらを外す作業をしてから湯がき、保存用は冷凍庫にストックする等工夫して食べています。(基本天ぷらで食べる時以外は、花びらのみを食べます)

 手間がかかるが、あの菊花の匂いに魅了されてしまっている南部人は、やめるわけにはいかないのが現状です!

我が家のお勧めは
一番は、やっぱり「お味噌汁!」
二番は、「里芋和え」
三番は「ポン酢がけ」

 「菊の花のお裾分けルートが見当たらない方も、大丈夫!」
青森のスーパーでは薄く乾燥させ「干し菊」「のし菊」などの名前で販売されています。
注意:青森県では、南部・下北・津軽と3種の食文化がありますので、南部だけかもしれません。

県南は菊の里とも呼ばれているほど菊の生産が盛んで、生産量は全国一だそうです!
ふるさと自慢の菊料理、受け継いで行きたいですね。

********************************
 以前 レポートした 極太の腰の強いそばで定評を得ている七戸町のそば屋松雪庵さんでも、「湯がいた菊の花と大根おろしをトッピングしたそば」や「八戸沖で取れる新鮮なイカ刺しが綺麗に盛りつけられたそば」菊そばとイカそばといったふる里自慢メニューがあります。
 是非国道4号線を通る際は、少し七戸町へ寄り道してみて下さいね。

 ピコロモンドによる「松雪庵」記事へリンク>>
      失われていない味「松雪庵」
手打ちそば処  
    しょう せつ あん
     「 松 雪 庵」 
電話 0176-62-6474
住所 039-2526 青森県上北郡七戸町字上町野12
  土・日も営業中です。
 

コメント一覧

  1. 私個人はポン酢かけが大好きです。
    我が家では子供たちはマヨがけして和えてサラダ感覚で食べています。おいしいんですよね~(^^)

    かっちん

    2011.01.11


こちらから魅力にコメントができます。