魅力No.1402


ミス・ビードル号復元機が三沢市にやってきた!

1931年(昭和6年)三沢市の淋代海岸を離陸し、41時間10分もの時間をかけ米国ワシントン州ウェナッチ地区に着陸、という世界初の太平洋無着陸横断飛行を成功させた二人の冒険家とミス・ビードル号。

その功績と挑戦に懸ける志を受け継いだウェナッチ地域のボランティア「スピリット・オブ・ウェナッチ実行委員会」が制作した復元機が、ついに三沢市にやってきました!

そして数々の問題を乗り越え、いよいよ2011年三沢基地航空祭で飛行展示が行われる予定です!!

そのミス・ビードル号復元機が、三沢航空科学館で航空祭前まで間近に見学することが出来ます!!

この復元機は、足まわりのみが当時と違うだけで、ほぼ同様に復元されたそう。
太平洋無着陸横断飛行80周年!そして姉妹都市締結30年を迎える2011年は、まさに記念すべき年ですね☆

私たちの目の前で飛び立つミス・ビードル号を思い浮かべると、とんでもなくワクワクドキドキしますね~!!

目の前で見れるチャンスは今しかありません!
ぜひぜひ見にいらしてくださいね。

※現在公開されている零戦の映画撮影用復元機と並べて展示されています。
 入場料(入館料込):一般700円、高校生500円、小中学生100円

■青森県立三沢航空科学館
住所:三沢市三沢北山158
電話:0176-50-7777
開館時間:9:00~17:00(夏休み期間中は9:00~18:00)
休館日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、12月30日~翌年1月1日

青森県三沢市三沢北山158

こちらから魅力にコメントができます。