魅力No.2263


10月25・26日開催、大間の超マグロ祭り2014』

2014年10月25日(土)と10月26日(日)の2日間、
青森県下北郡大間町の大間港にて「朝やげ夕やげ横やげ~大間超マグロ祭り2014」が開催されます。

大間のマグロが旬を迎えアブラがのるこの時期に行われる豪快なマグロ祭りです。

大間超マグロ祭り
※写真は2012年のマグロ祭り様子

■朝やげ夕やげ横やげ~大間超マグロ祭り2014 概要
日程:2014年10月25日(金)~10月26日(日)
時間:9:00~15:00
場所:大間港特設会場
※マグロの解体ショー:両日とも9:00~・11:00~・13:00~

その場で解体されたばかりのマグロや、昆布、わかめなどの海産物、べこもち・ヒバ製品などの特産品の即売会が行われます。
新鮮な大間のマグロを安価で買えたり、希少な部位が手に入ることから、例年県内県外を問わず多くのお客さんで賑わいます。

また、1日3回「マグロの解体ショー」が行われ、巨大マグロを豪快に捌く様子が間近で見られます。
解体中にも、カマや頭部分などのセリが行われ、運がよければ破格の値段で大間のマグロが手に入るかもしれません。

会場では、まぐろのかぶと焼きや、ノド焼き、カマ焼き、まぐろ汁、まぐろ焼きそば、まぐろサンドなどの大間のマグロ料理や、新鮮な海鮮料理を楽しむことができます。
また、北通りソーラン会による「マグロソーラン」の演舞や演歌歌手の歌謡ショーなども披露されます。演歌歌手の桂ゆりさんは青森県西目屋村出身。歌っていただく「人恋港」は大間町が舞台です。

ちなみに、イベント名に使われている「朝やげ夕やげ横やげ」とは、大間では、1日の内に太平洋から朝日が昇る朝やげ、夕日が日本海へ沈む夕やげという本州突端ならではの光景を見ることができることに加え、函館の夜景を横にみることができる「横夜景(横やげ)」と3つあわせて呼ぶことからだそうです。

ba6f8ce584b367953315227c211e4b79

▼詳細は下記サイトを参照
<外部サイト>大間町観光協会ホームページ
<外部サイト>大間町商工会 ホームページ

こちらから魅力にコメントができます。