魅力No.107


三沢側からの小川原湖

ホッとひといき~今日も一日お疲れさま~

 小川原湖 :日本の湖沼では11番目の面積

         行政上では東北町(旧上北町)に属しています

         最深部は25mに達するが岸から200m程までは

         推進2m前後の浅い部分で形成されている

 水産資源豊富なことから『宝沼』とも呼ばれています

 主な水産資源 : わかさぎ・シラウオ・大和しじみ・ウナギなどです

 夏季には毎年海の日には「湖水まつり」が開かれ湖水客で賑わい

 冬季には湖面が結氷してわかさぎ釣りが湖上で楽しめます

湖畔にはこんな「夕日みどころスポット」と書かれた看板があります

 

仕事帰りに見る夕日

毎日ちがう顔をしていて・・・

コメント一覧

  1. 風がない日だったようで、湖畔がきれいですね。
    小川原湖のウナギ知らなかったので、もし近くにここのウナギ食べられるお店があればどなたか教えてください!

    くろしゃちょ

    2010.08.26


  2. こういうところで、ぼーっとしたいです。

    いっちー

    2010.08.26


  3. コクトーさま  コメントありがとうございます。
     小川原湖を通ることがまたありましたら
     隣の姉沼の夕日もまた違う顔をしているので気にかけて
     見て下さい。(^-^)  

    オリ

    2010.08.26


  4. 僕も小川原湖にはいろいろな思い出がありとても好きです。
    夕日みどころスポットがあるのは知りませんでした///

    のんべぇ

    2010.08.26


  5. 私も小川原湖の風景は大好きです!
    仕事帰りに見られるのはうらやましい限りです(^^)

    コクトー

    2010.08.26


こちらから魅力にコメントができます。