魅力No.789


つゆやきそば(伝承工芸館 レストランもみじ)

津軽地方を代表するB級グルメといっても過言ではない(?)
じわじわとその存在感を増している「黒石つゆやきそば」を食べたのでレポートします。

黒石つゆやきそばは、極太の平麺にしょうゆ味のスープがかかっているが特徴。
焼きそばのソースは甘めです。

今回食べたのは、津軽伝承工芸館の中にある「レストランもみじ」の「つゆやきそば」です。

極太平麺と、具は豚バラ肉、キャベツ、たまねぎ、にんじん。そして上にあげ玉とねぎが乗っています。

黒石にはつゆ焼きそばを出すお店がたくさんあるのですが、店によって様々な特徴があります。
こちらのつゆやきそばの特徴は「器が浅い」というところ。
下半分だけがスープに浸かっていて、上の方は普通のやきそばとしても楽しめます。
つまり、1皿で2度おいしいんです。
あと、上に乗っているあげ玉にスープが染みておいしいv

つゆやきそばって「何の味」と言ったらいいのか…表現が難しいんです。
これはぜひ、皆さんにも食べてたしかめていただきたいです。

こちらの「つゆやきそば」は、おにぎりとお漬物がついて650円でした。
他にも、「ホタテつゆやきそば」「カレーつゆやきそば」 が750円。こちらも気になるところです。

レストランもみじ(津軽伝承工芸館内)

津軽伝承工芸館

【サイト内関連記事】
つゆやきそば関連
黒石に関連する他の記事

こちらから魅力にコメントができます。