魅力No.916


ブリコ

ハタハタが美味しい季節です。
寒くなると産卵のため海岸にやってくるというハタハタ。
その卵を「ブリコ」といいます。


ブリコの煮つけです。

先日居酒屋で初めてたべました。
通常メニューではなく店長の自宅用ということでしたが、ご厚意で頂けることに。


食感は「バリボリ」
皮にすっごく歯ごたえがあっておもしろいです。
一緒に食べたT氏は「風船が口ではじけたみたい」という感想。
まさに、です。
これを口に入れて、しばらく「バリボリ」噛んだ後、残った皮を出します。
醤油で煮てあるので、ちょっと数の子の醤油漬けっぽい味です。

ブリコは海岸にもりっと打ち上げられるのですが

はたはたが生んだ卵(ブリコ)を採捕・所持・販売することは、「青森県海面漁業調整規則」で禁じられており、違反した場合は罰則が科せられます。

>詳しくはこちらの青森県のHPをごらんください

というわけで“海で産卵されたブリコ”は取ってもダメ、持っててもダメ、売るのもダメなんです。

で、どういうのは食べてもいいかというと
ごくたまに、ハタハタを箱買いするとブリコが混ざってる事があるそうで、
そういうラッキーな人は食べてもいいらしいです。

そんなラッキーをおすそ分けしてもらってすごくラッキーでした。

すっごく珍しいものらしいので、みなさんも見かけたらぜひ食べて見てください。

コメント一覧

  1. 愛知県在住です。中卒で、こっちに来て40年弱。
    木造出身です。
    ブリッコ、食べたーい。

    yuji

    2017.05.02


  2. ブリコは煮付けではありません。だし汁につけておくんですよ

    たーちん

    2016.12.28


  3. 美味しそうなのに、ラッキー待ちなんですね
    私は強運の持ち主なので、寝て待ちます!
    …きゅうさんのおすそわけ待ちですが…笑

    sdu

    2010.11.22


    • おおっと!期待されてしまった!
      んではカミキ事務所の忘年会に混ざるしかないですね!(え

      きゅう

      2010.11.22


こちらから魅力にコメントができます。