魅力No.1550


「ほしな」=大根の葉っぱ

「干菜」発見!
「ほしな」とは大根の葉っぱを乾燥させたものです

 農家の方々は今でも、冬に備えて野菜をいろんな方法で保存食に変身させる知恵を沢山知っているし、実践しているようです。
 昔は、大根の葉っぱを茹でてみじん切りにして丸い団子にして冷凍保存して、野菜がとれない冬の緑として食べたと言う話を聞いたことがあります。

 今回は、色々考えた結果 水で戻して お味噌汁にしました。乾燥した大根の葉は、食物繊維の宝庫でとても歯ごたえがあり、なんとも言えない懐かしい風味をお味噌汁にプラスしてくれます。

 幸せだな~と思える時は、やっぱり食べてる時ですよね。

 飲んだあと深く深呼吸してしまうほど、良い香りです。お日様の香りが味噌汁に溶け出してなんともいえませんよ。

 食を守る 文化を守る 忘れちゃいけない事って、田舎には沢山ありますよね。
 農業に従事する方の継続する力に心から感謝いたします。

コメント一覧

  1. おいしい

    匿名

    2017.01.28


  2. うちは頻繁にこの味噌汁です(^_^;)
    今度は高菜の代わりに干し菜のチャーハンを作ってみようと
    考えてる次第です(^o^)
    ただあまった御飯で頻繁にチャーハン作るもんだから
    かみさんにまたかと叱られます(T_T)

    ひろちゃん

    2011.02.28


こちらから魅力にコメントができます。